メニューをスキップして本文へ


論文紹介

  • 2011年4月20日(水) 22:50 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    6,560
おしらせ

以下の研究論文が日本哺乳類学会英文誌Mammal Studyに掲載されました。
著者は本会代表畠佐代子氏です。
1999~2005年の調査で得られた2224巣のデータをもとに、浸水頻度が異なる3タイプの生息地(河川敷、湿地および定期的な植生の刈り取りが行われている堤防)での、カヤネズミの営巣特性(営巣植物、巣の構造、巣高と植物高)が明らかされました。

Hata, S. 2011. Nesting characteristics of harvest mice (Micromys minutus) in three types of Japanese grasslands with different inundation frequencies. Mammal Study 36(1): 49-53.

掲載号の目次はこちらで閲覧できます。

表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 09月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

QRコード

QR code

カヤネット会員の本