メニューをスキップして本文へ


カヤネズミの「いま」を伝える企画展&シンポジウムを開催します!

  • 2014年6月 1日(日) 23:37 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    4,688
おしらせ

企画展「草原の小さな住人 カヤネズミ-身近な自然を見つめ、調べ、支えてゆく-」
開催期間:2014年7月3日(木)~29日(火)
会場:多摩動物公園 ウォッチングセンター内 展示ホール

カヤネズミの生態を解説するとともに、草原の生き物の写真展やカヤネズミのイラストの塗り絵など、子どもと一緒でも楽しめる展示を開催します。
全国で行われているモニタリングサイト1000里地調査などの市民調査の成果もポスター展示されます。

関連シンポジウム「守りたい、カヤネズミのすむ草原」
日時:2014年7月19日(土)13:00~16:30(受付12:30)
会場:多摩動物公園 ウォッチングセンター内 動物ホール
入場料無料 ※シンポジウム参加の方は当日のみ多摩動物公園の入園料も無料になります(要事前申込)
申込〆切:7月13日(日) *定員150名(先着順)

主催:日本自然保護協会
共催:全国カヤネズミ・ネットワーク、東京動物園協会、多摩動物公園(五十音順)
後援:環境省自然環境局生物多様性センター

チラシ(pdf)
問合せ:日本自然保護協会 カヤネズミシンポジウム係
     E-mail: satoyama☆nacsj.or.jp (←☆を半角@に変えて下さい)

 

<シンポジウムプログラム>
・「市民が調べ、見守り、支える里山」後藤 なな(日本自然保護協会)

・「カヤ原の小さな住人 カヤネズミ」畠 佐代子(全国カヤネズミ・ネットワーク)

・「神奈川県のカヤネズミ全域調査でわかったこと」青木 雄司(モニタリングサイト1000里地調査検討委員)

・「横浜市最後の生息地 瀬上沢での現状と課題」中塚 隆雄(瀬上さとやまもりの会)

・「次の世代につなぐ、生きものたちがにぎわう川原」辻 淑子(川原で遊ぼう会)

・「カヤネズミの飼育展示と都立動物園の保全への取り組み」横田 利明・秋川 貴子(多摩動物公園)

総合討論

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 09月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

QRコード

QR code

カヤネット会員の本