メニューをスキップして本文へ


『琵琶湖と環境: 未来につなぐ自然と人との共生』

  • 2016年7月 5日(火) 20:52 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    858
おしらせ

本書は、滋賀県立大学環境科学部の教員や院生が、琵琶湖の自然や環境、人々と生き物について、中日新聞に10年にわたり執筆したコラムがまとめられた一冊です。
本会会員の金尾滋史さんによる、水田を利用する魚類の研究や河川の魚類の話や、石田美由紀さんによるモグラの話も収録されています。

『琵琶湖と環境: 未来につなぐ自然と人との共生』
琵琶湖と環境編集委員会編
サンライズ出版 2015年 3,200円+税
カヤネット会員の本

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 09月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

QRコード

QR code

カヤネット会員の本