メニューをスキップして本文へ


講演会 生物多様性の一端を知る!聴く!語る! "絶滅危惧種 vs 特定外来生物" - 全国カヤネズミ・ネットワーク イベント

2015年 2月

講演会 生物多様性の一端を知る!聴く!語る! "絶滅危惧種 vs 特定外来生物"

日時: 2015年2月 1日(日) 13:00 JST - 17:00 JST
種類:
場所: 大阪府環境情報プラザ・研修室 大阪市東成区中道1丁目3-62
詳細: 目的
1 今年、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで、「ニホンウナギ」が絶滅危惧種に指定された。 乱獲が問題という報道が多く、漁獲制限だけで問題が解決できるのか、ウナギの生態を知るところから、減少を食い止めるためには、どうしたらいいのか? 皆で考えるきっかけとしたい。
2 この数年、琵琶湖では、水草「オオバナミズキンバイ」(今年、特定外来生物に指定)が大繁殖し、人力の駆除では追いつかず、重機を投入するほど大問題となっている。そういったことから、いつ淀川に流れてきてもおかしくない状況である。最近の外来種問題含めて話を伺い、生物多様性とは?を考える。

プログラム
*講演(各70分。質疑応答等30分。)
1 テーマ「ウナギ 身近でおいしい絶滅危惧種」
  講師 和歌山県立自然博物館  揖善継氏
2 テーマ「オオバナミズキンバイなど外来種の最近の話題」
  講師 琵琶湖博物館/滋賀県環境保全課  中井克樹氏

参加費無料<事前申込、先着50名>

申込み&問いあわせ 申込み(メールのみ)
件名「講演会参加」とし、氏名(市、連絡先町村名まで)、あれば所属などを明記し、メールでお申し込み下さい。

メール宛先 (NACS-J 自然観察指導員大阪連絡会)
E-Mail:bd☆jinenjo.org (☆を半角@に変えて下さい)

主催:NACS-J自然観察指導員大阪連絡会
共催:公益社団法人 大阪自然環境保全協会
   国土交通省淀川管内 河川レンジャー 石山郁慧
協賛:大阪環境パートナーシップネットワーク「かけはし」
後援:公益財団法人 日本自然保護協会 (NACS-J)

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 11月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本