メニューをスキップして本文へ


『鳥の道を越えて』上映&トーク@にっしぃ劇場 - 全国カヤネズミ・ネットワーク イベント

2015年 1月

『鳥の道を越えて』上映&トーク@にっしぃ劇場

日時: 2015年1月24日(土) 19:00 JST - 22:30 JST
種類:
場所: 東京都
三軒茶屋・ふろむあーすカフェオハナ (http://www.cafe-ohana.com/)
詳細: 19:00  開場
19:30  開演
19:40  『鳥の道を越えて』(93分)上映
21:20  トーク「野鳥の保護と密猟対策の話」
(古南幸弘さん (公財)日本野鳥の会 施設運営支援室)

参加費:1000円(別途1オーダー) <定員20名、要予約>
お問い合せ・ご予約は、こくちーずで(http://kokucheese.com/event/index/247896/)
----------------------------------------------------------------
『鳥の道を越えて』

祖父が指さした山の向こうには、失われた鳥猟の世界がありました。
禁猟後67年を経て、鳥と人間の関係を改めて見つめ直すドキュメンタリー。

「祖父の見た“鳥の道”を、見てみたい!」
映画の舞台は監督・今井友樹の出身地、岐阜県東白川村。
あるとき祖父・今井照夫から、かつて故郷の空が渡り鳥の大群で埋め尽くされたという話しを聞かされる。孫である監督は“鳥の道”を探し求めて旅に出る。

渡り鳥の大群が渡っていた時代、秋になると村では「カスミ網猟」が行われていた。
捕って食べるためである。渡り鳥を「カスミ網」でどのように捕まえたのか。
なぜ渡り鳥を食べなければならなかったのか。そしてなぜ現在は禁猟になっているのか。
旅の過程で生まれるひとつひとつの疑問を丹念に追っていく。

2014年/日本/93分/ドキュメンタリー
企画・制作・配給 工房ギャレット
監督:今井友樹
制作:鈴木正義/今井千洋
撮影:澤幡正範/川口慎一郎/永山正史/箕田朗子/佐藤孝博/今井洋介/早川正文
録音:高木創
作図:岩井友子
音楽:姫田大(フルート)
監修:佐藤文男(公益財団法人山階鳥類研究所)
共同制作:CINE-CLIMB
製作:工房ギャレット
助成:文化芸術振興費補助金/公益財団法人トヨタ財団
公式サイト:http://www.torinomichi.com/

----------------------------------------------------------------
監督:今井友樹プロフィール

1979年岐阜県東白川村生まれ。
日本映画学校卒業。
日本各地の基層文化を映像で記録・研究する民族文化映像研究所に入所。
所長の姫田忠義に師事しながら映像制作にかかわる。
現在はフリーランスとして主に民俗や伝統文化の記録活動に携わっている。
8年の歳月をかけて2014年春に本作品が完成する。
今回が劇場公開の初監督作品である。

----------------------------------------------------------------
『にっしぃ劇場』は2010年の10月より、三軒茶屋の『ふろむあーすカフェオハナ』をお借りして、 月1回くらいのペースで、主にドキュメンタリーの上映と映像関係者のトークなどを行っています。
映像を通して様々な問題を知り、さらに深く調べたり、解決するための行動を起こす、そういうきっかけを作りたいと思い、続けている、全くの個人の活動です。
『にっしぃ劇場』FACEBOOK: https://www.facebook.com/theater.nisshy

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 05月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ログイン

ログイン

これからのイベント

5月25日(木) - 5月31日(水)
6月 3日(土)

QRコード

QR code

カヤネット会員の本