メニューをスキップして本文へ


カラパイアのカヤネズミの記事について

日本最小のネズミ、「カヤネズミ」(カラパイア)

上記の記事をご存じでしょうか?
ネット上のカヤネズミの紹介記事としては、よく知られている記事です。

実は、ここで紹介されているカヤネズミの写真は、
飼育個体をスタジオや屋外に放して撮影されたものです(元記事に書かれています)。

これらの写真をみて、「かわいい」と思う人は多いでしょう。
しかし、野生のカヤネズミでは見られない、不自然にアクロバティックな写真が多く、
竹馬にまたがったような姿は野外ではあり得ません。
もし日中に、このような無防備な姿をさらせば、すぐに敵に見つかってしまいます。
特に巣を大きく広げた写真は、カヤネズミの保護の観点から、あまりにも酷いと感じます。

過去に、このような事例がありました。
2009年に、滋賀県で、目も開かないカヤネズミの子がいた巣が、植物についたまま大きく
開かれ、発見者の男性が笑顔で写った写真とともに、「希少種のカヤネズミが発見された」
という趣旨の記事が、読売新聞に掲載されたのです。
子育て中のカヤネズミの巣は、出入り口が小さく、巣内はほとんど見えません。
人の手で巣が開けられたことは、一見して明らかでした。

「滋賀・高島の空き地で「カヤネズミ」巣…子ネズミ2匹」
(http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre1/20090908-OYO8T00392.htm)
(リンク先は現在は見られませんが、情報ソースとして出しておきます。なお、本会の指摘を
受けて、当該写真は上記ページから削除されました。)

記事を書いた読売新聞大津支局の記者に確認を取り、記者が現場に到着した時には、
すでに巣は開けられていたと聞きました。
しかし、これが美談として掲載されたことは、非常に残念に思います。

たとえば、野鳥のヒナがいる巣を広げて、発見者がにっこり笑っている写真が添えられた記事
を読んだら、どう思いますか?
直感的にダメだと感じる人が多いのではないでしょうか。
カヤネズミも同じです。

カラパイアの記事には、演出された写真とは書かれていません。
そのため、日本では不自然に撮影されたようなカヤネズミの写真が出回り、本来の生態写真の
ように誤解されています。そして、この記事は未だに拡散されていて、さらに多くの過剰演出な
カヤネズミの写真も目にするようになりました。

カヤネズミは、生息地の減少により、日本各地で絶滅の危機に直面しています。
どうか、記事を読んで、カヤネズミの巣を開けて良いのだと誤解しないで下さい。
人の手で乱暴に暴かれた巣は、放棄されます。
最悪、子どもが親に見捨てられたり、かみ殺されてしまう可能性もあります。
竹馬にまたがったようなポーズが、本来のカヤネズミの行動だと思わないで下さい。
これらは、演出された写真であるということを、重ねて強調しておきます。

1度ネット上に広まった情報は、簡単には収束しないだろうと思いますが、
カヤネズミについて、正しい理解が広まるように願っています。

全国カヤネズミ・ネットワーク
代表 畠 佐代子
カヤネット会員一同

最終更新日:: 2015年8月13日(木) 22:38 JST|閲覧数: 4,144

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 10月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本