メニューをスキップして本文へ


参考資料:千葉県

確認年 市町村 確認場所 発見物 発見時の状況等 情報のソース
2005 鴨川市 水田畔、休耕田 巣、子 巣材はオギ、チガヤ、ススキ等。 提供情報
2004 四街道市
 
  提供情報
2004 白井市 貯水池 貯水池わきの小さな草地 提供情報
2004 千葉市 大和川河川敷 巣、子(死体) 目は開いていない。毛はうっすら生えていた。 提供情報
2004 市川市 水田 田植えの準備で畦の草刈中、刈った草の中に発見。子は居ませんでした。巣材はスズメノテッポウが主。周辺はコウキヤガラ、スズメノテッポウ。 提供情報
2003 千葉市 谷津田 主にカサスゲ群落内に営巣。 提供情報
2003 千葉市   巣、子 古代米の稲刈り中。一つは気づかずに刈ってしまったところ中から5cmくらいのこどもと思われるのが4頭田圃の中をにげていった。3つの巣のあるところは稲を刈らずに残してきた。 提供情報
2003 船橋市 桑納川河川敷 巣材:オギ。谷戸の川沿いオギ群落中(オギ優占。セイタカアワダチソウ、ヨシ、マコモ混生)。上流側の谷戸内と周囲で都市整備公団が造成中。 提供情報
2003     巣、子 巣材はススキ9、オギ4、1個には3頭の仔 提供情報
2002以前
千葉市
 
聞き取り。 提供情報
2002
市原市
 
巣と子
草刈途中に巣を切断。2匹死亡、2匹生存。 提供情報
2001
千葉市
都川河川敷
巣、成体
マコモ群落の中。ヨシとオギが優占。地上部は湿潤で、人が歩くと水が浸みだしてくるような状態。地上を歩いている成体1個体を確認。草の隙間に逃げ込んでいった。 提供情報
2000
市原市
休耕田
休耕田のヨシ、マコモ、ガマの密生地。 提供情報
2000
長南町
草地
奥行きのない狭い谷のススキ草地。球巣はすでに枯れ草色。 提供情報
2000
茂原市
休耕田
ヨシ原。群落の草丈は2m以上。1m以下に青い葉なかった。 提供情報
1999
市川市
休耕田
休耕田の遷移が進んでアシ原や他の湿性群落になったところ。草刈り作業中に発見。1993にも発見。 提供情報
1999
市川市
 
草刈りの時。巣材:1個はイヌビエ。中は空。 提供情報
1998以前
千葉市
遊水池
巣、成体、子
巣材:マコモ、ヨシ。ヨシ原の中。  
1998
佐倉市
休耕田
成体
典型的な谷津田地形。 提供情報
1996
佐倉市
    
   提供情報
1995
大栄町
個体
 
   提供情報
1993
市川市
   
死骸
「モズのはやにえ」 にされているものを管理業務を委託されている業者が発見し、博物館に持ち込んだ。 提供情報
1992-1991
市原市
 
巣、個体
捕獲個体。うち4頭は千葉中央博物館に収蔵。 文献3
1992
市原市
 
個体
捕獲個体。1989年にも捕獲。 提供情報
1991
大栄町
 
個体
捕獲個体。 提供情報
1987
鎌ヶ谷市
     
捕獲個体。巣の中にいた。 提供情報
*1986
千葉市
    
巣、成体、子
捕獲個体。地表に落下した巣の中に生後1-2日の新生仔の死体2。1982年に巣の記録。 文献4
1978
佐倉市
 
個体
  文献4
1976-77
鴨川市、大多喜町、夷隅町、大原町、市原市、睦沢村、一宮町、白里町、千葉市、松戸町、沼南町、柏市、野田市
    
 
  文献1
*1940以前
南行徳新浜
 
 
  文献2

*の確認年等については原典参照のこと。
 
<文献>
No. 著者 発行年 タイトル 書名・雑誌名 ページ
1
五十嵐和広
1978
千葉県の小哺乳類
千葉生物誌.
27
1・2
85-91
2
黒田長礼.
1940
原色日本哺乳類図説
  
 
 
127-128
3
今関真由美・落合啓二.
1994
市原市の哺乳類.
市原市自然環境実態調査報告書.
 
 
101-129.
4
今関真由美・山口剛・落合啓二.
1994
生態園及び周辺地域における哺乳類の生息状況.
千葉県中央博自然誌研究報告 特別号
 
1
205-214.

最終更新日:: 2011年11月29日(火) 16:14 JST|閲覧数: 4,390

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 03月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本