メニューをスキップして本文へ


参考資料:福島県

確認年 市町村 確認場所 発見物 発見時の状況等 情報のソース
2008 郡山市 自宅庭 成体? 自宅にて庭仕事中に発見。腐葉土を作る為の穴でリンゴを食べていた。巣らしきものはわからず、隣の倉庫の下に戻っていくのを家族で見守っている。ハツカネズミか?とも思うが、画像や大きさからカヤネズミと判断。 提供情報
2007 郡山市 公園 野球をしていて、友達がグローブを地面につけたら、なかにはいっていた。近くに幅10~20mの川。かわいそうだから茂みに逃がした。 提供情報
2005 二本松市 知人が耕作中に発見。巣材:エノコログサなど。周辺は雑木林。発見地近くの水田にも巣があるそう。 提供情報
2005 二本松市 草地 牧草地の斜面上部のススキ原で発見。地面に落ちていた。周囲はアカマツと落葉樹の混合林。 提供情報
2003 富岡町 常磐道インター工事用地内 アズマネザサの中。笹の葉も使っていた。2003-2002年にも確認。道路公団と工事延期を交渉中。工期がせまっているので、用地内の草刈りを行い外側の萱原に移動するように願っています。 提供情報
2003 双葉郡 草地 2巣で繁殖確認。ススキ群落と牧草地(ケンタッキー31グラス、オーチャードグラス、よもぎ、などの地面すれすれの低い草)で営巣。 提供情報
2003 月舘町 水田 稲刈り中に発見。標高500m程の山地にある水田の稲。5年ほど前から継続確認。 提供情報
2003
以前
猪苗代町     文献5
2003
以前
原町市 新田川河口 成体 捕獲個体。 文献5
1997 伊達町   オス 捕獲個体。ススキ等イネ科植物が優占。 文献4
1997 福島市   ススキ等イネ科植物が優占。 文献4
1997 桑折町   ススキ等イネ科植物が優占。 文献4
1997 国見町   ススキ等イネ科植物が優占。 文献4
1997 福島市   メス 捕獲個体。 文献2
1996 福島市 放棄田 1個から腐敗した幼獣6頭(巣を採集後、約1ヶ月後に発見)ススキ群落。 文献1
1994 白河市 自然公園 ススキやオギがパッチ状になった草地。 文献2
1994 大玉村 放棄水田 周囲には水田や畑などの耕作地が広がる。 文献2
1990 福島市   オス 駐車場内で拾得。 文献1
1987 福島市 ??  ススキ群落。 文献1
1966 勿来市 (現いわき市) メス 禾本科植物が繁茂。 文献3

<文献>

No. 著者 発行年 タイトル(書名) 雑誌名(書名) ページ 発行
1 木村吉幸, 菊地壮蔵, 岩原幸子 1998 福島市においてカヤネズミを捕獲. 哺乳類科学 38 1 181-184  
2 今関真由美, 佐藤洋司 1996 新潟県と福島県におけるカヤネズミの新産地 哺乳類科学 35 2 183-185  
3 今泉吉典, 吉行瑞子, 小原巌, 土屋公幸. 1966 本州東部におけるホンシュウカヤネズミの新産地. 哺乳動物学雑誌 3    15-16  
4 木村吉幸, 岩原幸子, 横山純子 1998 カヤネズミの分布北限について 福島生物 41   43-46  
5 福島県 2003 レッドデータふくしま         福島県

最終更新日:: 2011年11月26日(土) 13:59 JST|閲覧数: 4,298

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 03月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本