メニューをスキップして本文へ


参考資料:高知県

確認年
市町村
確認場所
発見物
発見時の状況等
情報のソース
2010 四万十市 田んぼ付近の道路 成体 犬の散歩時に車のライトで驚いたのかアスファルトの道路を小さいカヤネズミがすばやく横断していて発見。周辺には多少の雑草があるくらいで枯れたカヤなどは先頃野焼きしたため全く無い。 提供情報
2005 南国市   巣、子 稲刈り中に発見。中に少し毛が生えた子6匹。 提供情報
2005 須崎市 草地 民家の敷地内にあるススキの群落の中 提供情報
2004 須崎市 水田 谷に広がる水田の中。飛ばされたか、流されたらしい。別の場所では、作りかけの巣。 提供情報
2004 中村市 四万十川河川敷 ススキの中 提供情報
2002 南国市 水田 巣、子、成体 巣内に子。成体は稲の上を走って逃げた。棚田地域。 提供情報
2002 窪川町 水田 稲刈り中に稲の中ほどに巣があるのを発見。 提供情報
2002 窪川町 巣、子 草刈中、「キューキュー」という声がしたと思い草をかき分けたところ巣があり、中に赤裸の子が3匹いた。巣があったところは刈ってしまったので、もとあったと思われる付近に草を積んで、中に巣を置いた。あとでもう一度見てみたところ、巣は空になっていた。おそらく親ネズミが子どもを連れて引越したのではないでしょうか。 提供情報
2001 南国市 水田 巣、子 棚田の稲のもと 提供情報
2000 春野町   オギ群落内。 提供情報
2000 土佐市   オギ群落内。 提供情報
2000 南国市   ツルヨシ群落。 提供情報
1999 伊野町   オギ群落内。 提供情報
1998 仁淀村   オギ群落内。 提供情報
1997 土佐山田町   成体 目撃。ツルヨシ群落。 提供情報
1985
以前
  四万十川河川敷   文献2
1931
以前
  土佐(基産地)     文献1

 <文献>
No. 著者 発行年 タイトル 書名・雑誌名 ページ 発行
1 黒田長礼 1931 カヤネズミ本州に確実に産す Amoeba 3 3 15-21  
2 安間繁樹 1985 アニマル・ウォッチング日本の野生動物         晶文社

最終更新日:: 2011年11月29日(火) 13:23 JST|閲覧数: 3,974

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 08月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本