メニューをスキップして本文へ


参考資料:京都府

確認年
市町村
確認場所
発見物
発見時の状況等
情報のソース
2008 八幡市 放生川(大谷川?) 生体 川に近い民家先の、電柱の脚元で丸まっていた。カヤネズミかと思うのですが、はっきりは・・・ 提供情報
2008 城陽市 木津川河川敷 生体 バッタを子供と捕まえているときに発見。小さいネズミですからカヤネズミやと思います。ドブネズミやハツカネズミなら見ればわかりますので。 提供情報
2004 京都市 川原 生体 昼の3時ごろ、枯れススキ?の間を歩いているのを見つけた。 提供情報
2002
京都市
休耕田
巣材:ススキ。やや崩れかけ。20×30mの休耕田。ススキ、セイタカアワダチソウが半分くらい生えたところにイバラも混じる。三方は刈り取りの終わった田圃で残りの一方は建設途中の温室。 提供情報
2002 京都市
草地
巣材:ススキ。翌朝積雪のためススキは全て倒れてしまった。4, 5mの草原をはさんで4×4m、7×7mのススキが生えたところ。1mほど隔てて舗装道路に面しており後ろはハチクダケ、クマザサその後ろはスギの植林斜面。 提供情報
2002
京都市
河川敷
巣材:マコモ。寄り州のマコモ群落。 カヤネット
2002 綾部市 由良川河川敷 高水敷オギ群落。イネ科sp.(オオカニツリ?)、ヨシ、オギ等複数種を用いる。 提供情報
2001 弥栄町     カヤネット
2001
京北町
 
川沿いの空き地で、枯れたススキに営巣。 提供情報
2001-00頃
舞鶴市
水田
聞き取り。毎年一つの田で4、5個見つかるらしい。稲が育つ頃、米がまだ液状のときにそれを養分として生活して、稲刈りの頃にはいない。草刈や時期のずれた稲刈りでしばしば巣にいる状態で発見され、害獣扱いで殺されてしまう。 提供情報
2000
京都市
ため池
成体
ヨシ原で野鳥観察中、5m程先のヨシが、風も無いのに揺れていた。根元でイタチがヨシをゆすっており、ヨシの穂先にネズミが尾を巻きつけて耐えていた。思わず石を拾ってイタチに投げた。 提供情報
1999
京都市
河川敷
成体
サワグルミの木に止まったモズが、ヨシ原に飛び降りてすぐもとの木に戻った。嘴にはカヤネズミがもがいていた。2000年3月、サワグルミとヨシ原は伐採され、鳥類は激減。カヤネズミも見なくなった。 提供情報
1999-98 精華町、京都市、宇治市、山城町、京田辺市、八幡市、井手町
河川敷、休耕田
  文献4
1994
京田辺市
放棄田
ススキ原。 提供情報
1988以前
 
芦生・大文字・桃山
 
  文献1
1974以前
京都市
個体
 
捕獲個体。 文献2

<文献>
No.
著者
発行年
タイトル(書名)
雑誌名(書名)
ページ
発行
1
恩地実
1988
京のけものたち24
京都新聞(88/12/11)
 
 
 
 
2
金子之史
1974
京都, 中国, および四国地方産のカヤネズミについて
香川大学教育学部研究報告
234
1-9
 
3
弥栄町
1995
ふるさと弥栄の自然-弥栄町自然環境調査報告書
        弥栄町
4 畠佐代子 2008 近畿地方におけるカヤネズミの分布の現状 関西自然保護機構会誌 30 2 145-151  

最終更新日:: 2011年11月29日(火) 00:11 JST|閲覧数: 4,126

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 05月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ログイン

ログイン

これからのイベント

5月25日(木) - 5月31日(水)
6月 3日(土)

QRコード

QR code

カヤネット会員の本