メニューをスキップして本文へ


参考資料:長崎県

確認年
市町村
確認場所
発見物
発見時の状況等
情報のソース
2003 時津町 草地 水田周囲のカヤ、ハギ、ギシギシ等の雑草地の中。すぐ側を2車線の道路が通っている。  提供情報
2002 長崎市 浦上川 中洲のススキ群落の中。 提供情報
2002 諌早市    周囲にはカヤ、ススキがこんもり。クヌギ、コナラ類、照葉低木数本あり。乾燥地。 提供情報
2002 上対馬町 水田跡地 ススキ草地(ススキ、ミゾソバ、セリ、ヨモギ、ギシギシ、オオノコンギク、アキノウナギツカミ、テリハノイバラ、ツユクサ、チゴザサなど)。水があり、水深は10~20cmほど。全てススキに営巣。 提供情報
2002 上県町 水田跡地 マコモ草地(マコモ、ミゾソバ、セリ、ヨシ、イネ科?、シロネなど。オギやヤナギなどが近くに生育)。水があり、水深は15cmほど。マコモに営巣。鳥獣保護区域。 提供情報
2002 上県町 麦の収穫中に発見。300m2。国の天然記念物のツシマヤマネコの餌となるネズミを増やすため、対馬野生生物保護センターが2001年度から3年計画で取り組んでいる「木庭作」による畑地整備事業。 文献4
2001 福江市 鬼岳山麓 巣、メス 捕獲個体。チガヤやススキなどのイネ科の草地。 文献3
2001 大村市   巣、子   提供情報
2001 三和町 果樹園 巣、子 雑草、カヤがいっぱいはえている所。 提供情報
2001 上県町   成体 捕獲個体。2000年は巣を発見(ススキに営巣)。 提供情報
2001 厳原町 自宅内 成体 畳の上を走っていた。その後ふすまの間に2匹いるのを確認。 提供情報
2000 厳原町 住宅敷地内 裏は原っぱや畑。 提供情報
2000 厳原町   農道脇。 提供情報
1990頃 国見町 土手 巣、子 川から少し離れた林道の土手に巣があり、その中に子ネズミがいた。 提供情報
1976-81頃 高来町   ススキで営巣。近所のススキ原でよく見かけた。最近そのススキ原(宅地造成地)は草刈を行っておりもういないと思う。 提供情報
1972 旧茂木村 休耕(放棄)田 巣、成体、子 1時間の間に数回、カヤネズミが逃走するのを見た。イヌビエ・アゼナルコスゲ等の水田雑草。 文献1
1972 旧矢上村、三和町 草地 巣、子 オギ・ススキ群落。 文献1
*1915
以前
対馬   メス   文献2

*の確認年については原典参照のこと。

<文献>
No. 著者 発行年 タイトル 書名・雑誌名 ページ 発行
1
兼松仁郎
1972
長崎の小型哺乳類 Ⅸ. 長崎市郊外におけるカヤネズミの採集
長崎造船大学研究報告
13
 
56-60
 
2
青木文一郎
1915
日本産鼠科
東京動物学会
 
 
 
東京
3
土屋公幸・船越公威・森本正敏
2002
カヤネズミの新産地
ANIMATE
3
 
25-26
 
4
 
2002
「木庭作」でネズミ繁殖に効果 ツシマヤマネコの餌(10/24付)
長崎新聞
 
 
 
長崎新聞社

最終更新日:: 2011年11月29日(火) 13:28 JST|閲覧数: 4,268

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 06月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本