メニューをスキップして本文へ


参考資料:埼玉県

        

確認年
市町村
確認場所
発見物
発見時の状況等
情報のソース
2007
 
東松山市
河川敷沿いの畑
畑の堆肥作りで枯れ葉を熊手で掻き回していたら、生きた小ネズミが2匹出てきた。ロボロフスキーハムスターくらい。赤毛で耳は小さく、目も小さめで、尾は長い。体の特長と場所が川沿いなので、カヤネズミかと思う。堆肥入れは発酵熱で暖かいため、入ってきたのでしょう。年末に掻き回したときは何もいませんでした。特に害はないし、鼠年早々にネズミが住みつくとは縁起がいいので、外が暖かくなるまで追い出さないであげようと思います。  提供情報
2007    
複数個所にて営巣を確認 提供情報
2005 所沢市 湿地 できるだけ道路は狭くして欲しいという要望にも関わらず、大学は12mの道路を湿地に作り、道路面は3mもの高さです。カヤネズミはこの道路に接する改修水路のススキ(本当に一株生えた狭い場所)に営巣したのです。大学はこの用水路(当初は回復緑地扱い、後に勝手に道路法面に変更)に4本の橋を架けようとして、地元の保護団体や学生から猛反発を食らっています。 カヤネット
2005 飯能市 休耕田、湿地 2ケ所で発見。2002-04年も発見(02年は巣と成体を確認)巣材:ススキ。この湿地は人の出入りが大変多くカヤネズミの繁殖に悪影響を及ぼしていると思われます。 カヤネット
2005 入間市   ススキ群落の中に2個 カヤネット
2004 熊谷市 荒川河川敷 オギ群落内に2個。オギ群落の広さは数100㎡ほど。トダシバ、セイタカアワダチソヒウ、オトコヨモギ、メカルガヤ、オカルガヤの草原に囲まれる。ほとんどがゴルフ場で一部に野鳥公園が整備。 カヤネット
2004 松伏町 江戸川河川敷 オギ群落。タデ類(ホソバノイヌタデ、アキノウナギツカミ、ミゾソバ)がおおく見られた。いずれもオギの葉を利用。毎年1度は草刈りがされている場所。 提供情報
2004 庄和町 江戸川河川敷 オギ群落の中。巣材はオギ。ハンゲショウ、イヌゴマなどの植物もおおく見られた。 提供情報
2004 東松山市 水田 谷戸の段差のある畦上の細長いオギ群落内 提供情報
2004 東松山市 工事現場 水田地帯を埋め立て中のセイタカアワダチソウ群落内のパッチ状のオギの中 提供情報
2004 嵐山町 山腹 道路脇の小さなオギ群落内 提供情報
2004 神川町 休耕田 チガヤ群落内の島状のオギに営巣 提供情報
2004 川越市 河川敷 巣材:ススキ、オギ。2003年も確認。 カヤネット
2004 川島町 休耕田 チガヤ群落内と堤外地の細長いオギ群落。 提供情報
2004 坂戸市   休耕田のススキ 提供情報
2003 所沢市 湿地 巣材:ミヤマシラスゲ。ヤナギが混じるヨシ原 カヤネット
2003 所沢市 草地 巣材:ススキ。回りはカナムグラの藪でススキの株は10株程度。 カヤネット
2003 所沢市 自然草地創出地 巣材:ススキ。4月にススキを移植して造った場所に営巣。 カヤネット
2003 花園町 荒川河川敷 ススキ群落の中。巣材はススキで周りもクズにおおわれた部分があるとはいえススキ原でした。(11月23日に再調査) 提供情報
2005
蓮田市
農道
成体
5-6cm位の成体1匹を目撃。農道横にヨシ群落。 提供情報
2003
東松山市
自宅
死体
ねずみとりにかかった。昔(15年)前は湿地だったそうです。1年前にもねずみとりにかかったが、子ねずみだと思いました。今回は専門家にも確認しました。非常にか弱そうでした・・・家のコンセントの穴から出入しているみたいです。       提供情報
2002
嵐山町 堤防、休耕田
イネ科sp. ススキ、チガヤ 文献26
2002
所沢市
自然草地創出地 巣、子 3巣発見。うち1巣に仔。隣接の湿地では、冬に巣61巣確認。大半がミヤマシラスゲ、ヨシに少し営巣。繁殖数は5-10位でしょうか。       提供情報
2002
東松山市
都幾川河川敷
古巣
チガヤの枯れ跡。 提供情報
2002
飯能市
谷戸
他に作成途中で放棄したと思われる作りかけ1巣。巣材:ともにススキ。       提供情報
2002
入間市
湿地
巣材:ススキ。観察会で発見。一昨年まで毎年1つ巣が見つかっていたが、昨年は見つからず。       提供情報
2002
飯能市
 
(広葉樹)のカヤに営巣。平成9年よりスギの皆伐跡地に落葉広葉樹を植え森づくりを始めたところで約1ヘクタールの広さ。標高290~220mの丘陵地の沢部分で、ケヤキが2メートル間隔に植えられ、その間にカヤが茂っているところがあり、毎年下刈をしていた。7月に、周辺一帯がイノシシにより掘り返され、カヤも被害に合いカヤネズミの巣も不明に成ってしまった。その後巣は発見されず。       提供情報
2002
嵐山町
市野川堤防
巣材:チガヤ、ススキ 提供情報
2002
嵐山町
 休耕田
巣材:チガヤ。一つは中に穂が一杯詰まっていて、あたたかそう。もう一つはヒガンバナの葉の上にあった。ヒガンバナがあとから葉を伸ばしたと思われる。       提供情報
2001
嵐山町
河川敷、休耕田、堰提、水路沿いなど
巣材:チガヤ、ススキ、オギ、ササ、エノコログサ、イヌビエ、イネ科sp.、シラスゲ(タカスゲ)、コガマ。1996-2000も確認。98年メス捕獲、96年は巣と子、子死体(オス、メス2確認。また96年確認の1地点は調査直後にブルドーザーで壊された。       文献26
2001
江南町
荒川河川敷
巣材:ススキ 提供情報
2001
小川町
 
巣材:チガヤ8、ススキ、シラスゲ1。1巣は作りかけ。1巣は落下。 提供情報
2001
飯能市
休耕田
放置後数年経過した休耕田。2000年も確認。ガマ、ススキ、ヌカボなどが中心。ざっと見ただけだが一つのみ。ちょっと心配。       提供情報
2001
さいたま市
田んぼ
スゲの一種。 提供情報
2001
所沢市
湿地
巣、成体 捕獲個体。シラスゲに営巣。       カヤネット
1999
寄居町
  巣材:チガヤ2、コガマ・チガヤ・その他1、コガマ・クサヨシ1       提供情報
1999
小川町
休耕田
巣、成体
捕獲個体。水田の整備とその後の米不足による復田により生息地が狭まってきている。       文献25
1998
所沢市
 
  提供情報
1998-1997
幸手市
休耕田、他
巣、成体、子 捕獲個体。  
1996-1997
嵐山町
都幾川・槻川河川敷他
ススキ、チガヤ、コガマ、イヌビエ、ササ、オギ、スゲ類。1巣はアヤメ類。1巣内に死亡直後の仔4頭       文献15
1996
日高市
草地
巣材:ススキ。巾着田の底辺にあたる部分の堤防の内側のススキ草地。       提供情報
1996 秩父市 耕作地 クワ畑と休耕田。巣材:チガヤ8(作りかけ1)、イヌビエなど6、スゲ?1。       提供情報
1996 皆野町 休耕田 巣材:チガヤ28(未完成2)、1巣は中にフンが多量にあった。ススキ2、スゲ?2、カゼクサ?1、不明3。1個の巣内に野バラの果実の食痕。1個はガマを3本柱にして営巣。 提供情報
1996 両神村   付近に温泉。巣材:ガマ・ススキ・スゲ類など。 提供情報
1996-1994 江南町   巣、個体 捕獲個体。 文献14
1996 浦和市 荒川河川敷 巣、子 2巣に子ども。全て死亡個体。 文献13
1996 入間市 調節池   提供情報
1996 神川町   ヨシ群落内 文献12
1995 藤岡町 遊水地 巣材:チガヤ 提供情報
1995 秩父市 休耕田 巣、子 巣材::チガヤ、ススキ、スゲ類。ススキの巣に子。 提供情報
1995 横瀬町 休耕田 巣材:ススキ。 提供情報
1995 寄合町 水田 イネに営巣。 提供情報
1995 浦和市 荒川河川敷 巣、子 1996年の造営工事により、生息地内の草が全て消失。 文献9
1994 小鹿野町 休耕田、水田 巣、個体 ススキの葉の上にいた。 文献10
1993 北本市 休耕田 巣、成体、子 1巣はススキで作られ、巣内に成体2、仔3。1990、92も確認。 文献8
1993 飯能市 草地 ススキ原。桑畑と隣接。 文献1
1992 北本市 休耕田 巣、成体、子 新しい巣のひとつに成獣2頭と乳仔3頭がいた。 文献16
1992 飯能市 休耕田 巣、子 寒い時期なのに巣の中に子どもがいてびっくりした。 文献1
1992 飯能市 湿地 巣、子の死骸 もとは田んぼ。泥がズブズブで大変だった。子は巣の中で、半分凍っていた。 文献1
1992以前 狭山市 入間川     文献7
1991 蓮田市 沼地 古巣。 文献16
1990 秩父市 牧草地 巣、子 聞き取り。家の下の牧草を刈ると、生まれたての子が3匹いる巣があった。上の畑には巣が3つあった。カヤネズミは篠の中に巣を作ることもある。畑の竹を切ったヒコバエの中に巣を作っていた。5月の末にもう子を産んでいた。目の開いていない子であった。1989にも子を発見。 提供情報
1989以前 八潮市   ヨシ原。 文献17
1989以前 桶川市 休耕田 ヨシ群落の中。アカシデ林に隣接する。 文献18
1988 越谷市   古巣。1986年にも確認。 文献19
1988 草加市 湿地 チガヤ草地 文献20
1988以前 草加市 湿地 巣?   文献6
1987以前 桶川市   巣?   文献21
1985以前 岩槻市   巣?   文献22
1981以前 加須市   巣?   文献23
1978 鴨川     文献9
*1978以前 戸田市、浦和市、加須市、寄居町、所沢市、飯能市、羽生市、秩父市、秩父郡皆野町・横瀬村・吉田町・野上町・小川町       文献2
1975 桶川市 荒川河川敷 巣、個体 捕獲個体。巣はチガヤ群落で発見。  
1960   秩父農業高校農場 メス 禾本科植物が繁茂。 文献3
*1960以前 大宮市       文献4
1952 浦和市   オス 禾本科植物が繁茂。 文献3
*1940以前 大河村       文献5

*の確認年については原典参照のこと。

<文献> 
No.
著者
発行年
タイトル(書名)
雑誌名(書名)
ページ
発行
1 盛口満 1994 カヤネズミ3 飯能博物誌 7     学校法人自由の森学園理科
2 鈴木欣二 1978 埼玉の哺乳類 埼玉県動物誌       埼玉県教育委員会
3 今泉吉典、吉行端子、小原巌、土屋公幸 1966 本州東部におけるホンシュウカヤネズミの新産地 哺乳動物学雑誌 3      
4 今泉吉典 1960 原色日本哺乳類図鑑          
5 黒田長礼 1940 原色日本哺乳類図説          
6   1988 草加の哺乳類 そうかの自然観察ガイド       草加市
7   1992 哺乳類 狭山の四季 生きづく緑       狭山市
8 斉藤貴 1995 北本市の哺乳類 北本の動植物誌       北本市教育委員会
9 斉藤貴・町田和彦 1997 哺乳類 荒川第一調節池動植物調査報告書       荒川第一調節池生物等調査会
10 斉藤貴・町田和彦 1998 平地・山地の動物とその分布(1)哺乳類 小鹿野町の自然II「平地・山地の動植物」       小鹿野町
11 斉藤貴・町田和彦・井上茂樹・高橋守 1980 埼玉県桶川市におけるハタネズミの繁殖活動 哺乳動物学誌 8      
12   1998   神川野外スポーツ・レクリエーション施設造成に係る環境影響評価書概要版       埼玉県企業局土地造成課
13 斉藤貴・町田和彦 1997 哺乳類 荒川第一調節池動植物調査報告書         荒川第一調節池生物等調査会
14 斉藤貴・町田和彦 1998 江南町の哺乳類 江南町史 自然編  I     江南町
15 斉藤貴・町田和彦 1998 嵐山町の哺乳類 嵐山町博物誌調査報告 3     嵐山町教育委員会
16 齋藤貴・町田和彦 1993 中川水系 I 総論・II 自然 中川水系総合調査報告書 I     埼玉県
17 八潮市史編さん室 1986 八潮市史 自然編         八潮市
18 佐々木昌志・齋藤貴・高橋守 1989 埼玉県桶川市の小哺乳類 埼玉県立自然史博物館研究報告       埼玉県立自然史博物館
19 越谷の自然を調べる会 1988 越谷の自然 越谷の自然を調べる会調査報告書       越谷の自然を調べる会
20 草加市史編さん委員会 1988 草加の動物・哺乳類 草加市史 自然考古編       草加市
21 桶川市 1987 桶川市史 自然・地誌編         桶川市
22 岩槻市 1985 岩槻市の自然 岩槻市史 通史編       岩槻市
23 加須市 1981 「加須市史」通史編         加須市
24 斉藤貴・町田和彦 2000 幸手市の動物―調査の記録― 幸手市史 自然環境編 II     幸手市教育委員会
25 斉藤貴・町田和彦 2000 小川町の哺乳類 小川町の自然 動物編       小川町
26 斉藤貴・町田和彦 2005 嵐山町の哺乳類 嵐山町博物誌調査報告       嵐山町教育委員会

 

最終更新日:: 2011年11月29日(火) 16:09 JST|閲覧数: 4,364

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 07月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本