メニューをスキップして本文へ


参考資料:栃木県

確認年 市町村 確認場所 発見物 発見時の状況等 情報のソース
2005 宇都宮市 水田 成体 コシヒカリ刈取り中に稲の中から河川敷方向へ10個体以上逃げる。毎年見るので気になっていた。家に居るネズミとは違う。 提供情報
2004 藤岡町 遊水池 巣材:カサスゲ、チガヤ、トダシバ+チガヤ、オギ。2002年も確認。 カヤネット
2004 烏山町 水田 稲刈り時やや倒伏気味の稲穂や葉先に稲ワラをボール状にまとめた巣の様なものを発見。コンバイン刈りのためそのまま刈り取ってしまった。 提供情報
2004 茂木町 水田 稲刈り中穂先のところに稲ワラを丸めた様なものを発見、よく見てみると内部に通じる穴があった。中にネズミの姿はなかった。 提供情報
2003 馬頭町 草地 巣、成体 草刈り中最後に残ったススキの中。巣の中にいるカヤネズミと目が合った。去年もイネに巣が発見された。いままでも草刈りのときに何度も巣が発見されている。 提供情報
2001 岩舟町、鹿沼市     文献5
2001 塩谷町 鬼怒川河川敷 個体 捕獲個体。チカラシバが優占する放牧草地。2000年も確認。 提供情報
2000 那須町   個体 捕獲個体。アズマネザサが優占する放牧草地 提供情報
2000 高根沢町   個体 捕獲個体。アズマネザサ・チカラシバ・メヒシバ・イヌタデ等が混じる放牧草地 提供情報
2000 西那須野町   個体 捕獲個体。ススキ・トダシバ草地 提供情報
2000 宇都宮市 鬼怒川河川敷 ヘラオモダカやマツカサススキ等が生える湿地と広いヨシ群落の間のオギ群落中。藪こぎ中突然目の前に現れた。 提供情報
2001以前 日光市 草地 巣? 聞き取り。標高は約1300m。 提供情報
1999 宇都宮市 谷地 谷地と栗林のイネ科群落。栗林のイネ科群落は定期的に刈り取られ、非常に不安定な環境。今回発見した巣も、2日後に草刈りで回収されてしまった。 文献4
1999 藤岡町 遊水地 古巣 枯れたヨシとともに落下。1993年のモニタリング調査以来初確認。 提供情報
1998 那須町   巣、個体 周辺は農耕地。1997年も確認。オギ、ススキなどのイネ科草地。オギ草地でオギの葉を移動中の個体を発見。 文献3
1997 大田原市       周辺は水田地帯。水路沿い土手にある帯状の草地。 文献3
1995 藤岡町 遊水池 巣材:チガヤ。うち未完成3個 提供情報
1995 黒磯市   個体、巣 捕獲個体。 文献2
1994 黒磯市 草地 周辺は農耕地。ススキ草地のススキにあった。 文献3
1990頃 野木町 遊水地 カサスゲの群落だったと思う 提供情報
*1936以前 日光市       文献1

*の確認年については原典参照のこと。

<文献>

No. 著者 発行年 タイトル(書名) 雑誌名(書名) ページ 発行
1 岸田久吉 1936 日光の植物と動物       269  
2 今関真由美・安井さち子・佐藤洋司. 1997 栃木県那須地方の小哺乳類 栃木県立博物館研究紀要.    14 39-44. 栃木県立博物館
3 安井さち子・繁田真由美・佐藤洋司・谷地森秀二. 2001 那須地域の哺乳類 栃木県立博物館研究紀要.   18 1-21. 栃木県立博物館.
4 谷地森秀二 1999 鶴田沼の哺乳類 鶴田沼自然環境調査報告書.     319pp 宇都宮市
5 栃木県自然環境調査研究会哺乳類部会編. 2002 とちぎの哺乳類       182pp. 栃木県

最終更新日:: 2011年11月26日(土) 14:07 JST|閲覧数: 3,576

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 05月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ログイン

ログイン

これからのイベント

5月25日(木) - 5月31日(水)
6月 3日(土)

QRコード

QR code

カヤネット会員の本