メニューをスキップして本文へ


参考資料:徳島県

確認年
市町村
確認場所
発見物
発見時の状況等
情報のソース
2005 阿南市 放棄水田 丘陵(谷戸)地。周囲はすべて水田でところどころ放棄された区画がある。放棄水田の1区画に10m×20m程度のヨシ草地があり、ヨシが2.3m程度まで成長している。 提供情報
2003 名西郡石井町 巣、子 丈の高い牧草(スーダングラス)を刈り取り中、知らずに刈り倒した草の中に発見。生後まもない子ネズミがいたので、巣ごと隣の放棄田の草地に持って行った。 提供情報
2003 海南町   巣材:1巣はススキ。護岸に生えるキショウブ群落。もう1巣の植生は不明。 提供情報
2003 鳴門市   両生類の調査中に確認。蓮田の脇のオギに1個、溜め池下部の放棄水田のススキに2個。 提供情報
2002 阿南市 水田 巣、成体 稲刈り時。田のあぜに近いところしか確認できなかった。うち1巣はかなりボロでどうやらからっぽ。 カヤネット
1999 阿南市 那須川河川敷 巣、成体 巣の中にいた。さわっても動かなかったので死んでいたと思う。 提供情報
1998   吉野川河川敷 州上のセイバンモロコシ、オギ、ヨシ群落内 提供情報
1998 池田町 湿原 ヨシ群落内 提供情報
1997 阿南市 休耕田   提供情報
1996 藍住町 吉野川河川敷  オギ群落内 文献1
1990
年代
徳島市 鮎喰川流域 州上のイネ科植物(セイバンモロコシかツルヨシ)群落内。 提供情報
1931
以前
  神領・柵野     文献2

<文献>

No. 著者 発行年 タイトル 書名・雑誌名 ページ
1 下田裕子 1996 カヤネズミの営巣習性と活動性 徳島大学卒業論文      
2 黒田長礼 1931 カヤネズミ本州に確実に産す Amoeba 3 3 15-21

最終更新日:: 2011年11月29日(火) 13:22 JST|閲覧数: 3,643

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 03月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本