メニューをスキップして本文へ


参考資料:東京都

確認年
市町村
確認場所
発見物
発見時の状況等
情報のソース
2006
八王子市  
成獣
近所を歩いていてカヤネズミらしきものを見つけた。 提供情報
2006
江戸川区 河川敷
幼獣
土手のウォーキングコース上に子ネズミが一匹うずくまって居た。目は開いていなかった。そばの芝生にオギかススキの穂が千切れたものが落ちていたと思う。河川敷は前日の大雨で普段の面積の30%程が浸水。 提供情報
2006
八王子市  
生体
自宅に迷い込んできた。ススキ原の隣の集合住宅。 提供情報
2005
八王子市 湿地
成体1
サンショウウオの卵のうを調査中、成体発見。ススキが密生 提供情報
2005 青梅市 休耕田 谷戸の休耕田。ヨシ周辺に広がるスゲの中に営巣ヨシ、ツルヨシ、スゲ類、ススキの優占する草地とツルヨシ、ミゾソバが優占する草地。一部にヤナギ類などが生育。 文献8
2005 あきる野市 河川敷、放棄田 巣、成体、子 オギ、ススキにクズが侵入しているオギ原。巣のすぐ近くで発見。お腹がぷっくりとふくれていたので、妊娠中と思われる。尾をオギの茎に巻き付けて、ゆっくりと下に下り、草の中に消えていった。 カヤネット
2005 八王子市 谷戸 背の高いススキが密生している中 提供情報
2005 八王子市 湿地 サンショウウオ保護のために管理しているビオトープの草刈作業中。2003-04年も発見。 提供情報
2005 町田市 休耕田 巣、成体、子 年2回程度草刈りが行われる場所のアゼスゲと管理されていない場所のオギで営巣。 カヤネット
2004 あきる野市 河川敷 巣、成体 オギ・ススキ群落にクズ、オオブタクサ、セイタカアワダチソウなどが混じる約2000m2の高水敷。巣を見つけた直後に成体が巣の下を茎をつたっており、途中でぽとっと草の上に落ち、走りながら草陰の中に見えなくなる。 カヤネット
2004 八王子市 多摩川河川敷 オギの中。 提供情報
2004 町田市 休耕田 巣、成体 巣材:オギ2、一つに成体1。クサヨシ1。ヨシ+クサヨシ+セリ1。年2-3回の草刈りを行うそうです。 カヤネット
2004 町田市 放棄田 巣、成体 ヨシ、オギ、ガマ、チガヤ、セイタカアワダチソウ等が生育。 文献7
2004 あきる野市 河川敷 巣材:オギ(かなり細い葉も混ざっていた。ネズミムギか?)。12月初旬にどんど焼きのため草刈りがされ、正月明けにどんど焼きで焼かれたところ。 カヤネット
2003 あきる野市 河川敷 巣材:オギ、ススキ、ツルヨシ、クサヨシ、ギシギシの茎にオギの葉、ササ+ヨシ。 カヤネット
2003 八王子市 谷戸 谷戸。植生はイネsp。地面はぬかるんでいて、イノシシのサインがいっぱい。 提供情報
2003 町田市 水田 水田(餅米)のイネで巣。 カヤネット
2003 あきる野市 多摩川 オギ群落の中。巣材はオギ。いずれも古巣 提供情報
2003 日の出町 平井川河川敷 巣材:オギ。葉が枯れておりまばら。 カヤネット
2003 あきる野市 草地 お寺の天然記念物カヤの木の前の草地。 提供情報
2003 町田市 休耕田 巣、亜成体 巣材:オギ、ススキ、ヨシ、クサヨシ。ヨシ・オギ群落。成体は昼間、草の葉の上にいた。部分的に昨年夏頃から草刈りしていないエリアと数年間草刈していないエリアがある。2003年も確認。また聞き取りで「草刈り中セイタカアワダチソウの巣を刈り取ったらネズミが2匹逃げた」。 カヤネット
2003 武蔵村山市 湿地 巣材:枯れたオギの葉 カヤネット
2003 武蔵村山市 湿地 2002年も確認。ミヤマシラスゲで営巣。 提供情報
2002
あきる野市
多摩川河川敷
スゲに営巣。 提供情報
2002
あきる野市
水田地帯
巣、死体
顔と前足を出した状態。高尾博物館に寄贈。巣材:オギ、ススキ、トダシバ、ヨシ、カヤツリグサ科sp. 提供情報
2003
町田市 休耕田
多摩丘陵の休耕田のカヤ原(オギ、セイタカアワダチソウなどが混生)。ススキに営巣。2001年も確認。 提供情報
2000
町田市  
丘の上で猛禽の定点調査中に発見。直径5~10mのススキ?群落の縁。形状は殆ど崩れていない。 提供情報
2000
町田市 休耕田
巣、成体
オギ原。谷戸の奥。成体は葉の上で口をモグモグさせていたが何を食べているか不明。周辺は宅地開発され、緑の孤島のように残る。緑地としてまとまりはあるが、生息適地となる草地は少なく、不連続。谷戸自体が狭く短く、生息地として存続しにくい状況。99年も巣と成体を確認。 提供情報
2000
あきる野市 休耕田
巣、幼体
ススキ、ヨシ、サンカクイ群落に営巣。1巣はミゾソバ群落に作られ、中に子が8匹。 提供情報
2000
武蔵村山市 湿地
巣は湿地内の上流から下流域まで分布していたが、不連続。 提供情報
1999
武蔵村山市 湿地
巣多数、幼体
カサスゲ、ヨシ、オニスゲ優占各区域で確認。生後10日前後の子どもが地上で鳴いていた。親の姿は確認できず。 提供情報
1999
あきる野市 休耕田
巣、子
ヨシ・ススキ・オギ等の群落とミゾソバ・サンカクイ群落に巣と子。セイタカアワダチソウ・ススキ・ハゼ等が密生する群落に巣。ササ、チカラシバでも営巣。 提供情報
1999
瑞穂町  
谷戸。カサスゲの草地やガマ・ヨシ草地、ウキヤガラ草地などカヤネズミの生息適地が広がる。98年にも確認。 提供情報
1998
武蔵村山市
 
谷戸。サヤヌカグサ、トダシバ、イネ科草本sp.などを巣材として利用。ススキ草地にも営巣。 提供情報
1997
日野市 多摩川河川敷 巣材:オギ。 提供情報
1996
あきる野市
多摩川 成体   提供情報
1994以前
日野市 多摩川・浅川
近年著しく減少し、市内の報告無し。 文献6
*1976以前
東村山市 草地
古巣
市内唯一の記録。 文献5
1975
八王子市 休耕田
巣、成体
捕獲個体。ススキ群落。ニュータウン建設予定地で、調査時にはすでに整備工事が開始。 文献1
*1960以前
中野区、杉並区
      文献2
1952-53
城北地区 荒川放水路
個体
捕獲個体。 文献3
*1934以前
蒲田区(現大田区)  
 
  文献4

*の確認年については、原典参照のこと。
 
<文献>
No.
著者
発行年
タイトル
書名・雑誌名
ページ
発行
1
宮尾嶽雄, 高田靖司
1975
東京都八王子市でカヤネズミ採集
哺乳動物学雑誌
4
 
35-37
     
2
今泉吉典
1960
 
原色日本哺乳類図鑑
 
 
148
 
3
那波昭義
1961
東京都城北荒川河畔の小哺乳類について
哺乳動物学雑誌
2
  23-28  
4
岸田久吉
1934
Lansania  
6
 
23
 
5
 
1998
  東村山市史3, 資料編, 自然
3
    東村山市
6
 
1994
  新・日野の動物ガイドブック       日野市
7 黒田高綱・勝野武彦 2005 都市域の谷戸における草地管理とカヤネズミの営巣状況との関係 環境情報科学論文集 19   401-406  
8 御手洗望・荒井悦子・今井多可代・神森文代・三好ゆき江・山口孝 2006 青梅市加治丘陵でのカヤネズミMicromys munutusの生息分布 青梅自然誌研究グループ会報 2   12-16 (社)環境情報科学センター

最終更新日:: 2011年11月29日(火) 16:05 JST|閲覧数: 4,240

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 03月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本