メニューをスキップして本文へ


参考資料:鳥取県

発見年 市町村 発見場所 発見物 発見状況等 情報ソース
2011 米子市 河川敷 巣2 雑草の中にオギ(2m位)があり、巣はオギに1個と、そこから1.5mの所のひざ丈位のチガヤに1個ありました。 カヤネット
2010 大山町 土手 水路に向かって、斜めの土手にきれいな球体一つと、粗い巣が一つ。植生は、たぶんススキかなと思います。 カヤネット
2010 大山町 新しい作りかけの巣がひとつ。10日前には、巣はなかったところです。 カヤネット
2010 大山町 道路沿い ススキに4個の巣。うち一つは粗い巣でした。 カヤネット
2010 大山町 梨畑の木の周りの土にすき込む事を目的に、作付けられた「ソルゴー」という植物に巣を作っていました。春に種をまき、10月に刈り取りをするようです。機械で束ねた後、乾燥させるために、しばらく畑に置いておくそうで、刈り取られた束の「ソルゴー」に巣がくっついていました。畑が広いので、全部は見る事が出来なかったのですが、15平方メートルの中に、4個ありました。 カヤネット
2009 鳥取市 大学キャンパス内 巣、成体 カヤネズミの成体(メス)が、大学の建物の中に入ってうろうろしており、学生が保護して私のところへ持ってきました。ここ数年(4年間ほど)、毎年、大学のキャンパス内のススキの原でカヤネズミの巣を見ています。 提供情報
2009 大山町 道路法面 カヤ、ススキが茂っていて、そこの草を刈っている時に2つの巣を発見。 カヤネット
2009 大山町 駐車場法面 カヤの葉にありました。周りはカヤが茂っていました。 カヤネット
2007 岩美町 ススキ原 観察会参加者が発見。刈り込み跡に1個発見。 提供情報
2006 鳥取市   海水浴場の駐車場脇にて発見。砂浜まで50mほどの砂地のススキ原。刈り込まれたススキにかかる 提供情報
2005 鳥取市 休耕田 山間の谷津田。ススキに巣1個。 提供情報
2004 米子市 水鳥公園 イヌドクサチガヤ群落にチガヤを中心に作成されていた。巣を見つけたのは久しぶり。 提供情報
2004 郡家町 造林地 広葉樹造林地に生えているスゲ類で営巣。 提供情報
2004 鳥取市   巣材:ススキ。堤の斜面。刈り倒されたススキの中。 提供情報
2003 郡家町 造林地 巣材:ススキ。ススキの中で発見。平成14年秋に造林した。カラスザンショウが多い。 提供情報
2002 大山町   巣、子 ススキ群落の中。何かわからずに刈り取って巣の中をのぞいたら子どもがいた。 提供情報
2002 大山町   ヒノキ幼齢林林縁部、作業道脇のススキの中。他の場所でも巣はたまに見る。 提供情報
2002 東伯町 ため池の堤 水辺のイネ科草地。巣材:イネ科草本(メヒシバ?)。堤体上にススキ・チガヤを中心とするイネ科草本、水辺にオオオナモミなどの草本、湖岸にノイバラ、マント的な群落、ヒノキの若齢林。冬期の湛水で水位が上昇しており造巣時の植生は不明。 提供情報
2002 東伯町 造成地 チガヤ群落内。巣材:チガヤ。主にチガヤ、ススキ、ところどころにヨモギやオニウシノケグサ?、オオアレチノギクの様なキク科。造成地の周辺は道路・耕作地。 提供情報
1996 米子市   翌年以降巣は見つかっていない(1999年現在)。 提供情報
1996 鹿野町       *文献1
1995 米子市 公園 ヨシ原でヨシ刈り中に発見。 提供情報
1992or 1993   県中部     *文献1

*文献1:種の多様性調査報告書(1997)。原典にあたれなかったので、詳細は不明。

最終更新日:: 2017年9月26日(火) 19:37 JST|閲覧数: 3,853

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 11月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本