メニューをスキップして本文へ


参考資料:和歌山県

確認年
市町村
確認場所
発見物
発見時の状況等
情報のソース
2007 橋本市 家屋内 個体 昨年秋の米袋内で米を食べていた。 提供情報
2005 橋本市     文献1
2005 古座川町 畦の草刈りで発見。以前も近くで稲刈で見た。家の縁の下でカヤネズミの子らしきものを犬が見つけた。 提供情報
2004 田辺市、上冨田町   田辺町では2003年も確認。 文献1
2004 和歌山市 紀ノ川河川敷 オギ草地。川に面した法面 提供情報
2003 高野町   スキー場のススキ原。草刈り中に発見。2001-2000年も確認。 提供情報
2003 田辺市 草地 民家と山の間のススキ原。巣材:ススキ。1巣はビニール紐で横の杭に結び付けられていた。ススキ原の周囲にセイタカアワダチソウ。 カヤネット
2002 田辺市 湿地 巣材:ヒメゴウソ(アオゴウソ)1、ミクリ1。 提供情報
2001 日置川町       提供情報
2001 川辺町 干津川   提供情報
2001 高野町 草地 個体 スキー場の草刈り(乗用の草刈り機)で中央部追いつめられた個体群が次から次へと周辺のススキ原へ。前年も同一箇所で巣及び個体を確認 提供情報
2001-00 海南市、新宮市(旧熊野川町)、有田川町     文献1
2000 高野町 草地 巣、成体?の死体 死体はススキの葉にはさまれていた。スキー場約4haの半分がススキ、後はクローバー、ラブグラス系で、ギシギシ等の在来種が混生。乾燥した環境だが、湿った土壌もあり、巣は両方で発見。 提供情報
2000 和歌山市 紀ノ川河川敷 古巣 ヨシ原。 提供情報
2000
以前
竜神村 水田 巣、子 稲の穂で営巣し、3から7匹の赤裸の小指の爪先ぐらいの子を生んでいた。子供の頃稲刈りの手伝いで巣を見つけ、子を山羊のミルクで飼っていた。今でも多くて、農作業中見つけたら足で泥のなかへ踏み込んで殺す。 提供情報
1999 和歌山市 紀ノ川 巣、成体 ヨシ復元調査中 提供情報
1999 海南市 放棄田 ガマやススキ等が茂る。ビオトープ観察会で発見。 提供情報
1998 上富田町   田んぼと川の間のヨシまたはススキ。 提供情報
1998 串本町   成体 田んぼの中。 提供情報

<文献>

No.
著者
発行年
タイトル(書名)
雑誌名(書名)
ページ
発行
1 畠佐代子 2008 近畿地方におけるカヤネズミの分布の現状 関西自然保護機構会誌 30 2 145-151  

最終更新日:: 2011年11月27日(日) 11:12 JST|閲覧数: 3,646

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 06月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本