メニューをスキップして本文へ


サイトカレンダ - ピックアップ

記事 (8)

新聞記事掲載

  • 2021年10月15日(金) 13:18 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,606
おしらせ

府準絶滅危惧種カヤネズミの営巣地、国交省が誤って刈り取る 工事利用で
(京都新聞
2021年10月14日)

一帯は、桂川でも数少ないまとまったカヤネズミの生息地で、プロジェクト未来遺産に選ばれたほか、モニタリングサイト1000里地調査のカヤネズミ調査サイトにもなっています。国交省にはそうしたことも含めて情報提供をしてきましたので、今回のことはとても残念に思います。
記事にあるとおり、今後工事を進める際には、カヤネズミへの配慮について事前に相談していただけるとのことでしたので、その折にはできる限り協力していきたいと思います。

「カヤネズミがすむカヤ原復活プロジェクト2021」

  • 2021年10月14日(木) 21:55 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,539
おしらせ
「カヤネズミがすむカヤ原復活プロジェクト2021」
カヤネズミのすむオギ原を歩いて秋を楽しもう!

日時:2021年10月16日(土)10時~12時
*雨天の場合は10月17日(日)に延期
場所:桂川河川敷(京都市伏見区)
内容:オギ原とカヤネズミの巣の観察
参加費:200円(保険料、資料代)
募集定員:15名
申込み方法:氏名(同行者ありの場合は、全員の氏名)、電話番号(携帯番号)を明記の上、カヤネット事務局まで、メールで申込み下さい(E-mail: info@kayanet-japan.com)
持ち物:動きやすい服装(長袖・長ズボン)、長靴、軍手、帽子、タオル、飲料水
主催:全国カヤネズミ・ネットワーク
詳細:チラシ(pdf)
*本イベント開催にあたり、大阪湾フェニックスセンター環境保全市民活動等助成を受けています。

*観察会のメインの場所は国交省に草刈されてしまいましたが(記事参照)、カヤネズミの現状を知っていただく機会になるかと考え、予定通り実施いたします。

第68弾「踏まなくてよかった」

  • 2021年9月14日(火) 18:43 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,501
リレーエッセイ
 木の位置を記録しながら、林の中を歩いていました。足元の草むらに茶色の塊があるのに気がつきます。もうちょっとで靴の下敷きにしてしまうところでした。それほど近かったのです。よくわからないので、しゃがんで見てみると、耳があって、鼻もあって、白い斑点があって……。
バンビ!
子ジカが丸まっていたのです。死んでいるのかと思いました。でも、体は動いています。ちゃんと息をしているようでした。薄目でぼんやりこちらを見ています。鹿の子模様がきれいです。
どこからか母ジカが心配そうにこちらをうかがっているかもしれません。体当たりしてきたら、それこそ一大事です。思わずあたりを見渡してしまいました。
いる気配はありません。
驚かしてはいけないので、写真を何枚か撮って、その場を離れました。すこし遠くからでは、もうどこかさえわかりません。保護色で完全に溶けこんでいます。
知らぬ間に踏んでしまっても、おかしくなかったほどに。

佐久間 保彦(さくま・やすひこ、神奈川県在住)
補足
山梨県山中湖村の林で起きた出来事について書きました。写真もご紹介します。雰囲気を味わっていただけるとうれしいです。

 

『やくしん』インタビュー記事掲載

  • 2021年9月 1日(水) 18:40 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,704
おしらせ
佼成出版社の月刊誌『やくしん』9月号に、本会代表畠佐代子さんのインタビュー記事が掲載されました。
Yakushin MONDO(やくしん問答)ー「わたしたちの身近で野生動物が懸命に生きています」

第2回「カヤネズミを守ろう」が開催されました

  • 2021年9月 1日(水) 18:00 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,517
カヤネズミ便り


1カ所目の保全区にてオギ株の移植の説明を聞きました。
余り手を加えず、そのまま土ごと移してほっておくのが一番いいとの事。

6月12日(土)京都府立木津川運動公園・城陽五里五里の丘2021年度第2回「カヤネズミを守ろう」は京都府の新型コロナ緊急事態宣言下のため、中止になりました。
しかし、草刈などの整備が必要なため、一部有志と公園の若いボランティアの方々と、畠先生指導の下、整備を行いました。
次は9月23日(木・祝)です。複数参加の方には、素晴らしい記念品が進呈されますので、ぜひご参加下さい。
イベント詳細・申込(城陽ごりごりの丘)

 

続きを読む (18 ワード)

第1回「カヤネズミを守ろう」が開催されました

  • 2021年5月27日(木) 17:00 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,934
カヤネズミ便り

1カ所目の活動場所に到着。
冬のあいだに移植したオギの新芽を観察しました
4月18日(日)に、城陽五里五里の丘にて、2021年度第1回「カヤネズミを守ろう」が畠代表を講師に行われました。
雨天のため実施予定日から1日順延となりましたが、多くの参加者にご参加いただきました。
セイタカアワダチソウの引き抜きをみんなで行い、植生調査の体験もしていただきました。
来月(6月12日)も、観察・調査体験が出来ます。ぜひご参加ください。
イベント詳細・申込(城陽ごりごりの丘)

続きを読む (5 ワード)

2021年度「カヤネズミを守ろう!」 (第1回・第2回)

  • 2021年4月11日(日) 19:24 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,784
おしらせ

 

 

城陽五里五里の丘 生きもの塾「カヤネズミを守ろう」
カヤネズミが安心して子育てできる環境をごりごりの丘にみんなでつくろう

園内には日本一ちいさなネズミ「カヤネズミ」が子育てをしています。
調査やすみかのオギ原保護などをおこないます。

第1回・第2回「カヤネズミが巣づくりしやすい環境(カヤ原)づくり」
第1回:2021年4月17日(土)13時30分~16時
第2回:2021年6月12日(土)13時30分~16時
*いずれも雨天時は翌日に順延
(場所)城陽五里五里の丘(京都府城陽市富野北角14-8)
(内容)オギ原の観察と外来種の選択除草など
(予約)要予約(定員40名程度)
(参加費)無料
(対象)自然保護に関心のある一般の方(子ども~大人、小学生以下は保護者同伴)
(持ち物)動きやすい服装、動きやすい靴、軍手、帽子、飲み物、タオル
(指導)畠 佐代子(全国カヤネズミネットワーク代表)
(申込・問合せ)城陽五里五里の丘(電話:0774-66-6022)

大東市立歴史民俗資料館 令和3年度春季展「慈眼寺の歴史と寺を彩る自然」展

  • 2021年4月11日(日) 18:35 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,494
おしらせ
4/17(土)より、大東市立歴史民俗資料館にて、
令和3年度春季展「慈眼寺の歴史と寺を彩る自然」展が開催されます。
慈眼寺が所蔵する涅槃図に書かれた動植物の展示コーナーもあります。
本会もカヤネズミの写真の提供に協力しました。

期間:2021年4月17日(土)~5月30日(日)(9時半~19時半)
会場:大東市立歴史民俗資料館(大阪府大東市野崎3丁目6-1
入館料:無料

 

ファイル管理 (1)


カレンダjp (3)


サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 07月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本