メニューをスキップして本文へ


営巣報告フォーム
カヤネズミの巣の発見報告は、
こちらからお願いします
出版案内
当会からのお願い
カヤネズミの赤ちゃんを見つけたら
カヤネズミの飼育について
寄付のお願い



全国カヤマップ入り口

カヤネズミをご存知ですか?

FAQ 活動紹介 
 よくある質問と回答

 リレーエッセイ

カヤネット会員の本  

もくじを見る
「全国カヤマップ2002特別版~カヤ原保全への提言~」
調査や保護に役立つ基本的な情報を収録。カヤネズミの実物大イラスト付。
「全国カヤマップ2005特別版~カヤ原保全への提言Part2~」
調査・保護活動をさらに進めるための応用編。


新作「草原の小さな住人」
ポストカードをみる

第3回「カヤネズミとカヤ原にちなんだ川柳」最優秀作品ポストカード
オリジナル・ポストカード
「カヤネズミのおやこ」他全7種
ヨシ紙ポストカード
「カヤネズミの世界」他全3種
「ねずみのくらし」企画展共催記念ポストカードセット

モニ1000里地調査ニュースレター(No.14)

  • 2014年12月28日(日) 15:27 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    387
おしらせ

モニ1000里地調査ニュースレター最新号(No.14)が公開されました。
今年7月に開催されたカヤネズミシンポジウム&企画展、カヤネズミ調査講習会(静岡・浮島ヶ原(→関連記事)、高知・横浪半島(→関連記事))、第二期とりまとめ報告書と、カヤネズミ関連のトピックスが4件掲載されています。

モニ1000里地調査ニュースレター(No.14)(pdf)

企画展「市民が見つめ、調べ、支えてゆく 身近な里やま~モニタリングサイト1000里地調査の取り組みと5年間の成果~」

  • 2014年12月28日(日) 14:39 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    368
おしらせ

来年1月2日から、北九州市立いのちのたび博物館で開催されるモニ1000里地調査の企画展にて、全国で行われているモニ1000里地調査の市民調査の成果がポスター展示されます。
桂川のカヤネズミ生息地の状況(調査団体:乙訓の自然を守る会・カヤネズミ研究会)や、7月のカヤネズミ企画展で展示したカヤネズミのすむ草原の現状についてのポスターも再展示されます。

日時:2015年1月2日(金・祝)~2月8日(日)
場所:北九州市立いのちのたび博物館・ギャラリー館(福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1)
料金:無料
詳細:日本自然保護協会

関連シンポジウム「人と人がつなぐ全国調査 ~データが紐解く里やまの姿~」
日時:2015年1月18日(日)10:00〜13:00
場所:北九州市立いのちのたび博物館・ガイド館
料金:無料
申込み先:日本自然保護協会

主催:環境省自然環境局生物多様性センター、日本自然保護協会
共催:北九州市立いのちのたび博物館

『鳥の道を越えて』上映&トーク

  • 2014年12月28日(日) 14:19 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    299
おしらせ

本会会員の西村秀樹さんが主宰する「にっしぃ劇場」にて、『鳥の道を越えて』の上映&野鳥保護・密猟についてのトークが開催されます。

開催日:2015年1月24日(土)19:30~ (開場19:00)
会場:ふろむあーすカフェオハナ(東京都世田谷区三軒茶屋)
19:40  『鳥の道を越えて』(93分)上映
21:20  トーク「野鳥の保護と密猟対策の話」(古南幸弘さん (公財)日本野鳥の会 施設運営支援室)
参加費:1000円(別途1オーダー) <定員20名、要予約>
問合せ・予約:こくちーず

第43弾「カヤネズミの巣を見る度に」

  • 2014年12月11日(木) 21:44 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    310
リレーエッセイ

カヤネズミの巣を見る度に、その巧みな技にため息が出ます。
美しさと機能性を備えた芸術品です。季節や用途に合わせて材料を選び、夏は涼しく冬は暖かく、何度でも器用にパッと作ってしまうカヤネズミ母さん。素直にすごいなーと思います。そして、振り返ってみれば、私たち人間もちょっと昔まではそんな風に萱を生活に取り入れていたんですよね。
カヤネズミは湿地のワイズユース(賢明な利用)を気付かせてくれた愛しくも尊敬すべき小さな隣人です。

続きを読む (6 ワード)

第55回動物園水族館教育研究会

  • 2014年12月 5日(金) 19:03 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    344
おしらせ

12月13日(土)・14日(日)、仙台市八木山動物園で開催される日本動物園水族館教育研究会にて、カヤネズミ展&シンポジウムについてポスター発表が行われます。

演題:動物園と自然保護団体が連携することの利点―企画展「草原の小さな住人カヤネズミ~身近な自然を見つめ、調べ、支えていく~」の実施からー
○池田正人*1、松本晶*1、後藤なな*2、畠佐代子*3
*1東京都多摩動物公園、*2(公財)日本自然保護協会、*3全国カヤネズミ・ネットワーク

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2015年 01月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

QRコード

QR code

カヤネット会員の本