メニューをスキップして本文へ


カヤネズミは繁殖期を迎えています。巣には触れず、遠くから優しく見守って下さい。

営巣報告フォーム
カヤネズミの巣の発見報告は、
こちらからお願いします
出版案内
当会からのお願い
カヤネズミの赤ちゃんを見つけたら
カヤネズミの飼育について
カラパイアのカヤネズミの記事について

寄付のお願い
 



全国カヤマップ入り口

カヤネズミをご存知ですか?

FAQ 活動紹介 
 よくある質問と回答

 リレーエッセイ

カヤネット会員の本  

もくじを見る
「全国カヤマップ2002特別版~カヤ原保全への提言~」
調査や保護に役立つ基本的な情報を収録。カヤネズミの実物大イラスト付。
「全国カヤマップ2005特別版~カヤ原保全への提言Part2~」
調査・保護活動をさらに進めるための応用編。


第4回カヤ川柳最優秀作品
ポストカードをみる

「カヤネズミとカヤ原にちなんだ川柳」最優秀作品ポストカード
オリジナル・ポストカード
「カヤネズミの親子」他全7種
ヨシ紙ポストカード
「カヤネズミの世界」他全3種
「ねずみのくらし」企画展共催記念ポストカードセット
 寄付金付きカヤネズミ・ストラップ(カラー7色、ノーマル2色)
ストラップをみる
 

 

第2回カヤ原フォトグランプリを開催します!

  • 2015年9月 2日(水) 23:33 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    107
おしらせ

カヤネズミ命がけ環境向上作戦Part4
作戦コード「第2回カヤ原フォトグランプリ さあ、とっておきの写真を撮りに、カヤ原へでかけよう!」

「雑草」と思われている、ススキやオギなどイネ科の植物が群生している「カヤ原」。しかし、そこは日本古来の自然が残り、鳥や虫や草花などたくさんの命が輝く貴重な場所です。
この作戦は、風景や生きものの姿を多くの人に撮影してもらい、ツイッターで拡散することで、カヤ原の魅力と大切さをアピールしようというものです。

【応募要領】あなた自身がカヤ原で撮影した、とっておきの自然や生きものの写真をお送り下さい。どなたでも自由にご応募いただけます。
【応募期間】2015年9月2日(水)~2016年5月12日(木)
【応募方法】以下のどちらかの方法で、写真に撮影場所と撮影エピソードをそえてご応募下さい。
1. カヤ原フォトグランプリのツイッターアカウント(@kayaharaphoto)をフォローして、返信機能で応募
2. 電子メールで応募 kayaharagp☆gmail.com (☆を半角@に変えて下さい)
【グランプリ発表】2016年5月22日(日)
グランプリ1名、準グランプリ1名、入賞3名。副賞として、本や特製バッグなど、素敵な副賞を進呈します。
詳細(チラシ) *第1回フォトグランプリ受賞作品も掲載

カヤ原フォトグランプリのツイッターで関連情報を発信しています。ツイッターのアカウントを持っている方は、ぜひフォローして下さいね!
*このフォトコンテストは自然保護を目的としています。撮影時には生物・自然環境に影響がでないようご配慮下さいますようお願いいたします。

主催:リバーフィールド
共催:全国カヤネズミ・ネットワーク 協力:ムーレック

カヤ原へGO!入門ツアー

  • 2015年8月20日(木) 09:19 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    149
おしらせ

カヤネズミ命がけ環境向上作戦Part4
作戦コード「カヤ原フィールドツアー”茅人(かやんちゅ)への道”」
~ツアー1:カヤ原へGO!入門ツアー~

「カヤ原」とは、「カヤ」と総称されるススキ、オギ、ヨシなどの背の高いイネ科植物がまとまって生える草原です。カヤ原は、カヤネズミをはじめとする、多くの野生動物の貴重な生息地となっています。
本ツアーは、京都・桂川のカヤ原をゆっくり歩きながら、植物や昆虫、鳥など豊かな自然を体験できる入門編です。雑草の本当の名前や私たちの生活との関係、そして外来種の脅威なども学べるツアーです。

日時:9月12日(土) 10時~12時 雨天の場合:9月19日(土)
場所:桂川河川敷 (京阪淀駅9時45分集合)

講師:畠佐代子(全国カヤネズミ・ネットワーク代表)
参加費:500円+テキスト代(「全国カヤマップ2002特別版」)500円 *お持ちの方は参加費のみ
定員:15名 *要申込・先着順

お申込み:kayaharagp☆gmail.com(☆を半角@に変えて下さい)
住所・氏名・電話番号・参加ツアー名・参加人数(同行者名)を明記してお申し込み下さい。
予約の締切はツアー実施日の1日前、変更・キャンセルは2日前までとさせていただきます。
主催:リバーフィールド 共催:全国カヤネズミ・ネットワーク

*カヤ原ツアーは、全3回を予定しています。ツアーに2回以上参加して下さった方は「茅人」として認定し、特製茅人バッジを贈呈いたします。
詳細→チラシ

カラパイアのカヤネズミの記事について

  • 2015年8月13日(木) 22:40 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    118
おしらせ

カラパイアのウェブサイトに掲載されているカヤネズミの記事について、カヤネズミの保護の観点から、本会の意見を掲載しました。

カラパイアのカヤネズミの記事について

季刊マガジン「流れを変える」Vol.9

  • 2015年8月 9日(日) 14:58 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    259
おしらせ

NPO法人環境市民の季刊マガジン「流れを変える」Vol.9に本会代表の畠さんの執筆記事が掲載されました(センスオブワンダー:カヤネズミ〜身近な自然「カヤ原」に棲む小さな命)。
カヤネズミの生態を中心に、京都の神社の茅の輪くぐりなど人とカヤ原との関わりについて、わかりやすくまとめられています。

特集は「環境、人、生き物、平和を大切にした消費に」。
環境・労働/人権・資源・紛争。私たちの消費が引き起こす問題は深刻化しています。現代社会が抱える消費の問題をどう解決し、持続可能は社会に変えていくことができるのか、特集されています。
*詳細、購入はこちらから。1冊500円(送料80円)。

大山小学校1年生とカヤネズミ

  • 2015年7月29日(水) 11:17 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    328
カヤネズミ便り
 
7gのカヤネズミ達
大山小学校は児童80人ほどの小さな学校です。
昨年、カヤネズミの球巣と畠さんの「カヤネズミの本」を持って、校長先生に会いに行きました。

校長先生は、郷土・大山の歴史や自然を子ども達に知ってほしいと、展示室を設けたり、いろいろな形で子ども達に知らせておられます。
カヤネズミのことを話すと、すぐに本と一緒に球巣を展示してくださいました。

その校長先生から、1年生の国語の時間にカヤネズミの事を話して欲しいと依頼がありました。
話の中身に、「カヤネズミがどうやって身を守るか」を必ず入れて欲しいという事でした。

畠さんに相談し、アドバイスをもらって、引き受ける事にしました。
話はすぐに決まり、7月7日となりました。
1年生なので、目で見て触ってわかるようにしようと考えました。
 

続きを読む (44 ワード)

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2015年 09月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ログイン

ログイン

これからのイベント

QRコード

QR code

カヤネット会員の本