メニューをスキップして本文へ


カヤネズミは繁殖期を迎えています。巣には触れず、遠くから優しく見守って下さい。

   
営巣報告フォーム
カヤネズミの巣の発見報告は、
こちらからお願いします
出版案内

当会からのお願い
カヤネズミの赤ちゃんを見つけたら
カヤネズミの飼育について
カラパイアのカヤネズミの記事について
寄付のお願い



全国カヤマップ入り口
カヤネズミをご存知ですか?

FAQ 活動紹介 
よくある質問と回答

 
リレーエッセイ
カヤネット会員の本

もくじを見る
「全国カヤマップ2002特別版~カヤ原保全への提言~」
調査や保護に役立つ基本的な情報を収録。カヤネズミの実物大イラスト付
「全国カヤマップ2005特別版~カヤ原保全への提言Part2~」
調査・保護活動をさらに進めるための応用編

草地のいきもの
(第2回全国カヤ・サミットポスターイラスト)
「カヤネズミとカヤ原にちなんだ川柳」最優秀作品ポストカード(全5種)
オリジナル・ポストカード
「草地のいきもの」他全7種
ヨシ紙ポストカード
「カヤネズミの世界」他全3種
「ねずみのくらし」企画展共催記念ポストカードセット

ポストカードをみる
寄付金付きカヤネズミ・ストラップ
(カラー7色、ノーマル2色)
寄付金付きミニカヤ・ハーベスト
ストラップをみる

カヤ原を学ぼう!第4弾 「オギ原の生きもの探検~ごりごりの丘のカヤ原でカヤネズミの巣を見つけよう!」

  • 2016年9月24日(土) 10:46 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    57
おしらせ
  城陽五里五里の丘「生きもの塾」
カヤ原を学ぼう!第4弾
「オギ原の生きもの探検~ごりごりの丘のカヤ原でカヤネズミの巣を見つけよう!~」

オギ原を歩いて、生えている植物やカヤネズミの巣を探してみよう。
運が良ければカヤネズミにも会えるかも!?

日時:2016年10月15日(土) *雨天時は10月29日(土)に延期
内容:オギ原探検と生きもの調査
参加費:無料
定員:40名程度(要予約)
対象:生きものや自然に関心を持っている親子・一般の方
持ち物:動きやすい服装
指導:畠 佐代子(全国カヤネズミネットワーク代表 博士(環境科学)、滋賀県立大学環境科学部非常勤講師)
申込・詳細:城陽五里五里の丘
主催:(公財)青少年野外活動総合センター

チラシ
カヤ原を学ぼう!第3弾の活動レポート

「カヤ原を学ぼう!第3弾」が開催されました

  • 2016年9月20日(火) 19:52 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    102
カヤネズミ便り
  9月17日(土)京都府城陽市の五里五里の丘で、カヤ原を学ぼう!第3弾「オギ原の生きもの探検~ごりごりの丘のカヤ原でカヤネズミの巣を見つけよう!~」が開催されました!

9月とはいえまだむし暑い中、19名の参加がありました。カヤネズミの巣もみつかり、参加者のみなさんから笑顔がこぼれました。
保護区に設置された4つのコドラートでは、オギの草丈の測定や、植被度調べを行いました。みなさん、初の経験を楽しまれていました。

次回、第4弾は10月15日(土)です。
ぜひ、ご参加下さい!→イベント申込

続きを読む (3 ワード)

『すぐそこに、カヤネズミ』産経児童出版文化賞 受賞記念特別講演会

  • 2016年9月11日(日) 11:57 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    128
おしらせ
  第63回産経児童出版文化賞・産経新聞社賞受賞記念特別講演
すぐそこに、カヤネズミ~身近にくらす野生動物を守る方法~

日時:10月2日(日)13:30~16:00(開場13:00)
場所:公文教育会館(大阪市淀川区西中島5-6-6)
お話し:畠 佐代子(全国カヤネズミ・ネットワーク代表・博士(環境科学)(お話しの内容は小学校高学年以上向けです)
参加費:無料
定員:200名(先着順)

<プレイベント>
カヤネズミの巣を探そう! 親子・カヤネズミかんさつ会!
10月2日(日)10:00~11:30(雨天中止)
察場所:淀川河川公園 十三野草地区
集合:阪急十三駅東改札口9:40(受付開始)
参加費:100円(傷害保険代として)
定員:親子20組40名(先着順) *講演会に参加申込の方優先

申込・詳細:公益社団法人大阪自然環境保全協会
主催:株式会社くもん出版/公益社団法人大阪自然環境保全協会
協力:株式会社公文教育研究会/乙訓の自然を守る会/全国カヤネズミ・ネットワーク
チラシ
*申込締切が延長され、当日受付もOKになりました。

新聞掲載

  • 2016年9月 3日(土) 19:10 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    150
おしらせ

本日の毎日新聞朝刊(滋賀版)に、本会代表の畠さんのインタビュー記事が掲載されました。
カヤネット設立のきっかけや、第2回全国カヤ・サミットの開催についてもふれられています。

カヤネズミ 最小・希少、守れ 県立大非常勤講師・畠さんが研究、保護 食害は誤解、突き止め発表 /滋賀(毎日新聞2016. 9. 3.)→記事を読む

第54弾「キツネとの出会い」

  • 2016年9月 2日(金) 20:07 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    282
リレーエッセイ
私もカヤニストの端くれとして何かカヤネズミの話題を書きたいのですが、山梨では中々カヤネズミの巣にも逢えずに一年を終えてしまいます。

でも森のそばで暮らしているので色んな動物に逢います、なかでも人間に警戒心を持ちながらもよく寄ってくるのがキツネです。
私は初対面の犬などにも懐かれるタイプなので、キツネにも懐かれるのかなとも思いつつも誰か興味本位に餌でもあげたんじゃないかとか疑いながら、追い払う様にしています。

続きを読む (14 ワード)

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2016年 10月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ログイン

ログイン

QRコード

QR code

カヤネット会員の本