メニューをスキップして本文へ


カヤネズミは繁殖期を迎えています。巣には触れず、遠くから優しく見守って下さい。

営巣報告フォーム
カヤネズミの巣の発見報告は、
こちらからお願いします
出版案内
当会からのお願い
カヤネズミの赤ちゃんを見つけたら
カヤネズミの飼育について
カラパイアのカヤネズミの記事について
寄付のお願い


全国カヤマップ入り口

カヤネズミをご存知ですか?
FAQ 活動紹介 
よくある質問と回答

リレーエッセイ
カヤネット会員の本



本会代表畠佐代子著『すぐそこに、カヤネズミ 身近にくらす野生動物を守る方法』(くもん出版 2015年)が、第63回産経新聞児童出版文化賞の産経新聞社賞を受賞しました。


もくじを見る
「全国カヤマップ2002特別版~カヤ原保全への提言~」
調査や保護に役立つ基本的な情報を収録。カヤネズミの実物大イラスト付
「全国カヤマップ2005特別版~カヤ原保全への提言Part2~」
調査・保護活動をさらに進めるための応用編

「カヤネズミとカヤ原にちなんだ川柳」最優秀作品ポストカード(全5種)
オリジナル・ポストカード「草地のいきもの」他全7種
「ねずみのくらし」企画展共催記念ポストカードセット
ポストカードをみる
 第7回「カヤネズミとカヤ原にちなんだ川柳」最優秀作品クリアファイル

クリアファイルをみる
寄付金付きカヤネズミ・ストラップ
(カラー7色、ノーマル2色)
寄付金付きミニカヤ・ハーベスト
ストラップをみる

 

第2回大阪府内カヤネズミ一斉調査

  • 2019年10月 1日(火) 12:02 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    471
おしらせ
2017年の第1回の調査に引き続き、2回目の大阪府内でのカヤネズミの一斉調査が実施されます。
ご参加、ご協力よろしくお願いします。

主催:公益社団法人大阪自然環境保全協会草地生態系研究会
対象:大阪府内において調査を所定の方法でボランティアで実施できるグループまたは個人
調査期間:2019年9月より実施中~12月20日(金)まで
*調査協力のお礼として調査のまとめがもらえます。
詳細はこちら

<草地生態系研究会主催モデル調査>
日時 2019年10月6日(日)
場所 桂川河川敷(小雨決行)
集合 9:30 京阪淀駅北改札口
内容 調査のやり方やフィールドマナーのレクチャー
申込 E-mail: kayachu★kayanet-japan.com(★を@に変えて送信)

*一斉調査に関する申込み・問合せ先:公益社団法人大阪自然環境保全協会
〒530-0041 大阪市北区天神橋1-9-13 ハイム天神橋 202
電話:06-6242-8720 FAX:06-6881-8103
e-mail:office★nature.or.jp(送信時に★印を半角@にして下さい)

2019年度第3回「カヤネズミを守ろう」が開催されました

  • 2019年9月23日(月) 18:33 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    419
カヤネズミ便り

最初の観察場所! さて、此処には居るかな?
9月14日(土)に、城陽五里五里の丘にて、第3回「カヤネズミを守ろう」が畠代表を講師に行われました。
良い天気に恵まれ、愛知からの飛び入り参加の方など、多くの参加者に参加頂きました。
4個もの球巣が見つかり、植生調査の体験もして頂きました!
来月(10月12日)も、エリア補修や観察・調査体験が出来ますので、是非ご参加を!
イベント詳細・申込(城陽ごりごりの丘)

続きを読む (9 ワード)

「カヤネズミがすむカヤ原復活プロジェクト2019」(第3回)

  • 2019年9月 7日(土) 17:18 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    490
おしらせ
「カヤネズミがすむカヤ原復活プロジェクト2019」(第3回)
カヤネズミのすむオギ原を歩いて秋を楽しもう!

日時:2019年9月22日(日)10時~12時
*雨の場合は9月23日(月・祝)に延期
場所:桂川河川敷(京都市伏見区)
内容:オギ原とカヤネズミの巣の観察
参加費:200円(保険料、資料代)
募集定員:20名
申込み方法:氏名(同行者ありの場合は、全員の氏名)、電話番号(携帯番号)を明記の上、カヤネット事務局まで、メールで申込み下さい(E-mail: info@kayanet-japan.com)
申込締切:9月17日(火)

主催:全国カヤネズミ・ネットワーク
協力:乙訓の自然を守る会、公益社団法人大阪自然環境保全協会 草地生態系研究会

詳細:チラシ(pdf)

カヤネズミを守ろう(第3回・第4回)

  • 2019年9月 4日(水) 17:58 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    879
おしらせ

画像をクリックすると大きいサイズで見られます。
城陽五里五里の丘 生きもの塾「カヤネズミを守ろう」
~カヤネズミが安心して子育てできる環境をごりごりの丘にみんなでつくろう~

城陽五里五里の丘には、水辺、草地、森がそろっています。
多くの野生生物が生息する未来の「生物多様性の宝庫」として注目されています。
公園にはすでに様々な植物が育ち、動物が生きています。
日本一小さなネズミ「カヤネズミ」とそのすみかである「カヤ原」について学び、
そしてそれらを守る活動に城陽五里五里の丘で参加しませんか。

※カヤ原:オギやヨシ、ススキなど、昔から生活の中で使われてきた「イネ科」
植物の生える場所のこと。

第3回「春に手入れしたカヤネズミのすみか(カヤ原)を覗いてみよう」
(日時)2019年9月14日(土)13時30分~15時半
雨天時は9月21日(土)13時30分~15時半
(場所)城陽五里五里の丘(京都府城陽市富野北角14-8)
(内容)オギ原の観察と生き物調査
(予約)要予約(定員40名程度)
(参加費)無料
(対象)自然保護に関心のある一般の方(子ども~大人、小学生以下は保護者同伴)
(持ち物)動きやすい服装、動きやすい靴(坂道・天候によってぬかるみます)、軍手、帽子、飲み物、タオル
(指導)畠 佐代子(全国カヤネズミネットワーク代表、博士(環境科学)、滋賀県立大学環境科学部非常勤講師)
(申込・問合せ)城陽五里五里の丘(電話:0774-66-6022)

*予約受付中*
第4回「春に手入れしたカヤネズミのすみか(カヤ原)を覗いてみよう」
(日時)2019年10月12日(土)13時30分~15時半
雨天時は10月13日(日)13時30分~15時半
(内容)オギ原の観察と生き物調査

第64弾「カヤネズミの巣を探しに藻川へ」

  • 2019年8月26日(月) 18:56 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    726
リレーエッセイ
7月13日土曜日、伊丹市の藻川へカヤネズミの巣を探しに行って来ました。
曇り空でたまに小雨が降る天候。 土手の上から見るとあまりオギやアシが伸びてない……。
昨年の相次ぐ台風・大雨でオギの背丈を越える程の大水になり、河川敷はかなり荒れている感じです。
ゆっくり歩きながら探し始めましたが、なかなか見つからず心配になってきました。

続きを読む (16 ワード)

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本