メニューをスキップして本文へ


プロジェクト未来遺産2015登録地「京都桂川のカヤ原」の春を満喫!スペシャルツアー

  • 2016年4月 7日(木) 17:32 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,073
おしらせ


*画像をクリックするとチラシがダウンロードできます
第1回ツアー開催報告 *第2回ツアー開催報告
*カヤネズミ命がけ環境向上作戦では、このほかにもいろいろな作戦を実施しています。詳しくはチラシをご覧下さい!
ツイッターでもイベント情報の発信をしています!

主催:リバーフィールド
共催:全国カヤネズミ・ネットワーク
日時:2016年4月30日(土) 13時半~15時半
雨天の場合:5月3日(火)
場所:桂川河川敷(京阪淀駅北改札口13時15分集合)
定員:20名 *要申込・先着順 4/26現在、残席6
参加費:700円

カヤネズミは、親指サイズの日本一小さなネズミです。みなさんの生活のすぐ隣、河川敷や里地のカヤ原の中で、ひっそりと生活しています。カヤネズミをはじめ、カヤ原に住む生き物を愛し、守ろうとする人を茅人(かやんちゅ)と呼びます。
今回、ゴールド茅人でカヤネズミ博士の畠佐代子さんが主催する全国カヤネズミ・ネットワークの「京都桂川の生物多様性保全-カヤネズミのすむ茅原を未来へつなぐ」活動が、日本ユネスコ協会連盟の「プロジェクト未来遺産2015」に登録されました。
そこで! 畠さんと一緒に登録地となった桂川へ出かけて、春のカヤ原を満喫しながらカヤ原について学び、カヤ原の魅力を語ることができる茅人になろう!そして「プロジェクト未来遺産」の登録をタンポポコーヒーで乾杯し、みんなでお祝いをしよう! というスペシャルツアーを開催いたします。

ご予約・お問い合せ:kayaharagp☆gmail.com(☆を半角@に変えて下さい)
住所・氏名・電話番号・同行者名・添付ファイルが見られるメールアドレスを書いてお申し込み下さい。後日ツアーのしおりをお送りいたします。予約の締切はツアー開始日の2日前、変更・キャンセルも2日前となります。

「プロジェクト未来遺産2015」登録伝達式が行われました

  • 2016年4月 5日(火) 20:46 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,656
カヤネズミ便り

 

3月27日(日)、「プロジェクト未来遺産2015」の登録伝達式が行われました。
登録活動名は「京都桂川の生物多様性保全-カヤネズミのすむ茅原を未来へつなぐ」です。

伝達式に先立ち、活動場所である桂川のオギ原再生地で見学会が行われました。
関西圏以外からの参加もあり、関心の高さが伝わってきました。
伝達式では、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟事務局の尼子さんから、選考理由が述べられ、本会代表の畠さんに登録証が授与されました。
ご参加いただいた皆様ならびに、関係者の皆様に、厚くお礼申し上げます。

カヤネズミをはじめ、たくさんの生きものでにぎわう桂川のすばらしい自然環境を、未来遺産として子供たちに残せるように、これからもがんばります。

続きを読む (2 ワード)

カヤ原を学ぼう!第1弾「カヤネズミがすむオギ原を守ろう」

  • 2016年4月 5日(火) 20:05 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,798
おしらせ
城陽五里五里の丘「生きもの塾」
カヤ原を学ぼう!第1弾「カヤネズミがすむオギ原を守ろう」

城陽ごりごりの丘は、水辺、草地、森が揃い、多くの野生生物が生息する未来の「生物多様性の宝庫」として注目されています。
様々な植物が育つこの草地で日本で一番小さなネズミ「カヤネズミ」のすみかを一緒に守りませんか?

日時:2016年4月23日(土) 13:00~15:30
場所:城陽五里五里の丘(京都府城陽市)
定員:30名(小学生以下は保護者同伴)
対象:一般(小中学生も参加可)
内容:生きもの調査と外来植物の駆除
指導:畠佐代子(全国カヤネズミ・ネットワーク代表)
参加費:無料
主催・申込・問合せ:城陽五里五里の丘

 

新聞連載「カヤネズミの世界」

  • 2016年3月18日(金) 11:20 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,780
おしらせ
しんぶん赤旗紙上にて、本会代表の畠さんによる連載「カヤネズミの世界」が始まっています。
毎週金曜日、全4回の連載です。
第1回「カヤネズミの世界①-多様性豊かな生態系支える」の記事の全文は、こちらから読めます。
 

草地を学ぼう!第2弾「在来種と外来種」

  • 2016年2月27日(土) 10:45 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,664
おしらせ

城陽五里五里の丘2015年度「生きもの塾」
草地を学ぼう!第2弾「在来種と外来種」

今草地の自然は多くの野生生物が生息する「生物多様性の宝庫」として注目されています。
大きな大きなはらっぱがある城陽ごりごりの丘を、草地の野生生物の研究者、畠佐代子先生と一緒に歩き、草地の魅力と可能性を探ります!

日時: 2016年3月6日(日)13時半~15時
場所: 城陽五里五里の丘(京都府城陽市木津川運動公園)
定員:60人
対象:一般(小中学生も受講可、ただし小学生3年生以下は保護者同伴)
参加費:無料
申込・問い合わせ:城陽五里五里の丘

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 06月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本