メニューをスキップして本文へ


『知ってる?田んぼのカヤネズミのくらし』

  • 2016年6月17日(金) 10:50 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    3,282
おしらせ
カヤネズミは田んぼのイネでも巣を作るので、イネを食べる害獣では?と思われて、捕殺されることがあります。
しかし、実際には、水田雑草(イヌビエやスズメのヒエなど)をよく食べていて、イネはほとんど食害しないことが、本会代表の畠さんの研究により、確認されました。
さらに、この研究成果を、地域のカヤネズミの保全や環境学習に活用できるように、写真を使ってわかりやすくまとめた小冊子『知ってる?カヤネズミ』が出版されました。
冊子のpdf版は、滋賀県立大学のホームページからダウンロードできます。

『知ってる?田んぼのカヤネズミのくらし』
執筆・発行責任者:畠佐代子(滋賀県立大学環境科学部非常勤講師・客員研究員)
協力:高倉耕一(滋賀県立大学環境科学部准教授)
B5判 6ページ
2016年5月31日発行

第2回カヤネズミ・サミットを開催します!

  • 2016年6月15日(水) 20:53 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,386
おしらせ

第2回カヤ・サミット-カヤネズミ保全のための生態研究と展示-

日本最小のネズミであるカヤネズミをテーマに、草地の生き物の危機について知り、市民、専門家、動物園、博物館が連携することで生まれる希少種保全の新たな可能性を探ります。

開催日時:2016年12月4日(日)10時~16時
場所:滋賀県立琵琶湖博物館
琵琶湖博物館・全国カヤネズミ・ネットワーク共催

<プログラム>
10時~12時 第1部 カヤネズミがくらす草むら探検ツアー&カヤネズミのストラップ作り
13時~13時45分 展示室見学(自由参加)
14時~16時 第2部 シンポジウム
*プログラムの詳細は、決まり次第掲載します。

産経児童出版文化賞贈賞式

  • 2016年6月15日(水) 20:05 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,157
おしらせ

本会代表の畠佐代子さんの著書「すぐそこに、カヤネズミ 身近にくらす野生動物を守る方法」(くもん出版)が第63回産経児童出版文化賞の産経新聞社賞を受賞し、6月2日に明治記念館で顕彰されました。
同賞は、「次世代を担う子どもたちによい本を与えよう」という目的で、1954年に制定されました。

秋篠宮妃紀子さまのお言葉より。

『すぐそこに、カヤネズミ』は、絶滅が危惧されているカヤネズミやその巣を研究してきた作者が、やさしく語りかける本です。カヤネズミが住み続けることが できる環境を守るために、周りの人々がつながり合えるよう努力する中で、作者が感じた苦労や喜びが感じられます。この本は、草地などの身近な自然環境と私 たちの暮らしとに目を向ける、よい機会になることでしょう。

みなさんぜひ、読んでみて下さい。

秋篠宮妃紀子さま、産経児童出版文化賞贈賞式にご出席(FNN2016.6.2)
第63回産経児童出版文化賞「優れた本は大切な心の糧」秋篠宮妃紀子さまお言葉全文(産経新聞2016.6.3)
第63回産経児童出版文化賞産経新聞社賞『すぐそこに、カヤネズミ』(産経新聞2016.5.5)

 

第50弾「繋げ森と海!繋げ陸ガニの未来!~カニの道プロジェクト~」

  • 2016年6月 1日(水) 21:44 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,829
リレーエッセイ

陸ガニ(ベンケイガニ)
かつて全国で、海岸部の埋め立てや道路工事、森林整備などにより、貴重な動植物の消滅や生息環境の改変が行われてきました。特に、越冬場所と繁殖場所を分けている渡り鳥や普段の生活場所と繁殖場所を分けているアカガエル類などのように、生活史の中で複数の場所を必要とする動物は、どこか一つの生活場所が消失しても致命的であるため、絶滅が危惧されています。
同様に、大阪湾においても大規模な埋め立てが行われ、自然海岸はほとんど残っておらず、7月下旬~9月中旬の大潮の日に繁殖場所である海岸と巣穴がある海岸林などを行き来する習性を持つ陸ガニヘの影響が懸念されています。特に、陸ガニの中でもアカテガニChiromantes haematocheirは、乾燥に強く陸での生活に適応しており、敵に襲われて木に登る様子や果実や植物、陸に棲む小動物などを食べる様子が観察されるなど、海や川に棲むカニとは異なる特殊な生態を持っています。

続きを読む (9 ワード)

草原シンポジウム2016 in 東京

  • 2016年5月25日(水) 11:43 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,336
おしらせ

6月25日(土)、東京で全国草原再生ネットワーク10周年記念シンポジウムが開催されます。
第一部では、本会の取り組みについて、畠さんが話題提供します。
活動紹介のポスター展示や、書籍等の販売も行います。

草原シンポジウム2016 in 東京~知っていますか?草原の価値~
日時:2016年6月25日(土) 14時~17時半(13時半~受付)
場所:朝日新聞東京本社2階「読者ホール」(東京都中央区築地5-3-2)

プログラム:
第一部:~草原保全のこれまでの10年~
~草原保全のいろいろ~各地の草原の魅力を語ろう
ビデオ上映:子ども達につなぐ草原の価値~阿蘇子どもサミットから~
第二部:~草原保全のこれからの10年~
パネルディスカッション:これからの草原保全、草原利用を皆で考えましょう

主催:全国草原再生ネットワーク
チラシ(pdf)

 

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 06月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本