メニューをスキップして本文へ


「とうきょうねずみ」「とうきょうもぐら」のマグカップ

  • 2016年6月23日(木) 08:56 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    838
おしらせ
本会会員のイラストレーター、松本晶さんが、自作のイラスト入りマグカップを製作されました。
理科美術展2016で限定販売されたもので、「とうきょうねずみ」と「とうきょうもぐら」の2種類。それぞれ、東京に生息するネズミ8種、モグラ7種が細密なタッチで描かれています。

価格:1個1000円+送料
購入方法:メールで申込 tusu6☆yahoo.co.jp (☆を半角@に変えて下さい)
*「とうきょうねずみ」は完売しました。
松本晶さんのHP「日本のけものたち」

カヤ原を学ぼう!第2弾が開催されました

  • 2016年6月18日(土) 13:29 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    505
カヤネズミ便り

 

6月12日(日)、京都府城陽市の五里五里の丘で、「カヤ原を学ぼう!第2弾『カヤネズミがすむオギ原を守ろう』オギ原の成長を観察しよう。周りの環境に目を向けてみよう。」が行われました!

お天気がちょっと心配されましたが、前回を上回る12名の参加があり、伸び始めたオギ原に群生するセイタカアワダチソウの駆除に汗を流しました。
観察地以外でですが、球巣も見つかりました。
9月に行われる第3弾のカヤネズミ観察会が楽しみです!
イベント詳細・申込(城陽ごりごりの丘)

続きを読む (3 ワード)

「晴耕雨読」22号

  • 2016年6月18日(土) 13:13 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    514
おしらせ

ライフスタイルマガジン「晴耕雨読」22号に、本会会員の内田憲二さんの執筆記事(「身近に咲く不思議な花 スミレ」)が掲載されました。
カヤネズミのことにも、ちょっとふれられています。
雑誌の内容は、こちらから全文がダウンロードできます。
山梨県各所でも配布されています。

『知ってる?田んぼのカヤネズミのくらし』

  • 2016年6月17日(金) 10:50 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    1,483
おしらせ
カヤネズミは田んぼのイネでも巣を作るので、イネを食べる害獣では?と思われて、捕殺されることがあります。
しかし、実際には、水田雑草(イヌビエやスズメのヒエなど)をよく食べていて、イネはほとんど食害しないことが、本会代表の畠さんの研究により、確認されました。
さらに、この研究成果を、地域のカヤネズミの保全や環境学習に活用できるように、写真を使ってわかりやすくまとめた小冊子『知ってる?カヤネズミ』が出版されました。
冊子のpdf版は、滋賀県立大学のホームページからダウンロードできます。

『知ってる?田んぼのカヤネズミのくらし』
執筆・発行責任者:畠佐代子(滋賀県立大学環境科学部非常勤講師・客員研究員)
協力:高倉耕一(滋賀県立大学環境科学部准教授)
B5判 6ページ
2016年5月31日発行

第2回カヤネズミ・サミットを開催します!

  • 2016年6月15日(水) 20:53 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    715
おしらせ

第2回カヤ・サミット-カヤネズミ保全のための生態研究と展示-

日本最小のネズミであるカヤネズミをテーマに、草地の生き物の危機について知り、市民、専門家、動物園、博物館が連携することで生まれる希少種保全の新たな可能性を探ります。

開催日時:2016年12月4日(日)10時~16時
場所:滋賀県立琵琶湖博物館
琵琶湖博物館・全国カヤネズミ・ネットワーク共催

<プログラム>
10時~12時 第1部 カヤネズミがくらす草むら探検ツアー&カヤネズミのストラップ作り
13時~13時45分 展示室見学(自由参加)
14時~16時 第2部 シンポジウム
*プログラムの詳細は、決まり次第掲載します。

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

twitter

お問い合せ

Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 02月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ログイン

ログイン

これからのイベント

-

QRコード

QR code

カヤネット会員の本